2014/08/09

術後7年半の検査

あっという間に8月になってしまいましたね。
みなさんお元気ですか?
九州、四国、関西地区のみなさんは台風大丈夫でしょうか?
大きな被害にならないことを祈りたいです。
東京は朝から(8月9日昼頃)どんより曇り空です。
雨は落ちてこないんですけど、これからかな~と思っています。

今年は去年のような熱中症だか更年期だかわからない体調不良もなく元気に過ごしています。
と、言いたいところなんですが、、、(^_^;)
2,3ケ月前から右肩が痛く、意識して手をあげたりすると痛みはないんですが
ふとした瞬間や、物を取ろうとしたりした時にピキっと!激痛が走ります。
それって俗にいう『五十肩』つうもんでしょうね(T_T)
左は背中の真ん中上まで手をまわせるのに、右は全然です。
もう、激痛が走ります(+_+)

同い年の友達も去年からそんな状態が1年続いてるとか、、、
ネットで五十肩を検索するといろんなストレッチ方法が載っているんですよね。
ま、無理せずやろうと思いますけど。
五十超えると、気持ちは30代の頃と変わらないのに体が、、、(老眼が進む、五十肩、etc)
しょうがないですよね(^_^;)
人間みんな通る道!みんな老化するんだ!
歳とることを気に病んでもしょうがないです。
受け止めながら、でもアンチエイジングは心がけながら生きて行くわ(^_-)-☆

先月末に術後7年半の検査がありました。
今回は乳房の超音波検査(エコー)・血液検査・肺のレントゲンと医師の診察のみ。
いつもと同じ9時には病院に着くようにしたら検査もスイスイと終わって医師の診察だけ。
超音波検査の時に両腕を上げなければいけないんだけど、↑上で書いてるように五十肩なので
右が上げにくいことを技師さんに伝えたら、その技師さん見た目は(女性の方)おとなしそうなんだけど
話し好きみたいで五十肩のことについていろいろ話してくれたの。
でもね~エコーしながらでしょ?
ちゃんと診てくれてるのかな~とちょっと不安になったわ(^_^;)

診察は今回珍しく予約時間より30分ぐらい待たされたなあ。
胸に関しては特に気になることはないのでこれもササッと終了しました。

検査結果は2,3日前に郵送にて届きました。
3月の検査より総コレステロール値が下がっていたのと、総タンパク質と白血球が下限値よりちょい低いってことぐらいです。
白血球が低いのは体の防御反応が悪くなるらしいですけど、今のところ感染したりということはないんだけど
生ものには気をつけようかな。
生牡蠣大好きだけど(^_^;)

自分の体調のことはこんなぐらいですね。

先月末には母のことで実家に帰ってたんですよ。
29日に病院の予約があったので26日~28日まで帰省してました。
そのことについては別カテゴリーで書こうかな。

ジジも先月の17日に無事に退院しました。
医者に驚かれる程の快復力だと言われました(^_^;)
そして一日に5000~6000歩歩いた方がいいと言われてとりあえずそれに近いぐらい動いてるみたいです。
でも散歩するにも暑いし、歩いてる途中で転んで怪我などしないでほしいですけどね。
とことんやる性格なので無理しないでほしいわ。

秋田の友達から地元の岩牡蠣が送られてきておいしくいただきました。
殻付牡蠣なので剥くのがほんと大変だったー((+_+))
私は1個剥いて降参(+_+)
あとは夫に剥いてもらったけど大変だったみたい。

もう新鮮でぷりぷりでおいしかったです。。
こちらで秋田象潟(きさかた)産の岩牡蠣は食べられないのでうれしかったなあ。

象潟産牡蠣 牡蠣2







2014/07/03

ジジ無事に手術終わる

7月になりましたね。
でも毎日不安定な日が続いていていつ雨が降ってくるか気が気じゃないのよねー
洗濯物干しっぱなしで出かけられないし。
暑くなるのは嫌だけど梅雨明けしてほしいなあ。

先週の金曜日にジジの大動脈弁の取り替え手術が無事に終わりました。
手術前日夜に義父、夫、私の3人で主治医から話を聞きました。
前にも見せられた心臓のエコーの動画を見ながらの説明。
弁が硬くて動きが悪いのが動画を見てもわかります。
それが弁を取り替えることによって正常に動き、血流もよくなるということです。
今まで倒れないで動いていたのが不思議と言われるぐらい元々ジジの心臓は強かったみたいです(^_^;)
主治医に最後に「ますます元気になりますよ~」と。

手術当時は朝8時に夫と二人病院へ行きました。
8時半から手術室に入ります。
今は手術室まで自力で歩いて行くらしいです。
私の時も手術台も自分で乗りましたからね(笑)
手術着というのはなくて、着ていたパジャマで手術室に入れるそうです。

手術室前でジジと「じゃーがんばって!」と見送り。
ジジも「がんばるよ!」と。
手術はだいたい6時間ぐらいかかるとか。
ジジと別れたのは9時前だったし朝ごはんも食べていなかったので、病院の1Fにあるタリーズでモーニングセットを食べました。
なかなかおいしかったわ~
タリーズモーニング
手術が終わるのはだいたい4時頃で、ICUで対面できるのはそれから一時間後の17時ぐらいになるという。
家族の一人が残っていればいいというのでとりあえず夫が残り私は一旦家に帰った。
病院は同じ区内でバスで15分~20分なのですぐに呼び出されてもすぐに駆けつけることができる。
私は家に戻り掃除・洗濯をして一休みして16時頃また病院へ向かった。
ディルームで夫と待っていたら看護師さんが手術が終わりICUに入ったからと知らせに来てくれた。
予定通り17時を少し過ぎたぐらいだった。

手術室の隣にあるICUはめちゃくちゃ広いんだけど、ベットの数って意外に少なかったなあ。
管まみれになったジジはまだ麻酔から覚めていなかった。
6時間の長い手術によくまあ85歳の体が堪えたなあって感じ。

主治医が顔を見せに来てくれた。
「手術は成功ですよ」と。
「脈も安定してるし、このままリハビリして元に戻ればますます元気になります」と。
その日はジジも眠ってるし、早々に病院を引き上げてきた。

次の日 私は休みだったので(土曜日だし)一人でジジのところへ行ったきた。
ICUの面会時間は普通の面会時間より短い。
午後1時~2時までと午後6時半から8時まで。
病院へは午後6時半をめどに行った。
ジジは目は覚めていたけど酸素マスクも取れてないし、入れ歯も取ってるからうまくしゃべれないでいた。
それにまだボーっとしてるみたい。
食事はもちろん口からは摂れないので点滴。
でも、「腹減った」とは言ってたな(笑)
胸を20cmぐらい切ってるから廃液がまだまだ出ていた。
全身管だらけでねちょっと痛々しかったよ。
その日もあまり長居をせずに帰ってきた。

28日に見舞いに行ってから2日空いて7月1日に見舞いに行ってみた。
今度はICUでも個室のようなところに移されてテーブルにはテレビも置かれていた。
ちょうど夕食が運ばれてきたみたいで食べようとしていた。
この日の夕食は
嚥下調整食
左の白い豆腐のようなものはゼリー粥、黄色いものは鶏とカブの煮もの・緑のものは小松菜の和え物

そう、まだまだペースト状じゃないとダメみたい。
嚥下がうまくできないので気管に入ると大変らしいのです。
水やお茶も少しとろみをつけてじゃないと飲ませもらえないし。
水分量もかなり少ないです。
ジジとしては水分をゴックンしたいみたいだったけどまだまだ無理ぽかったな。
だいぶお腹が空いていたのか完食だったよ(*^_^*)

しかしゼリー粥って不思議だったなあ。
一応お米の味がするのか聞いたけど「わからない」って(^_^;)
鶏とカブの煮ものはそれなりに味がしたみたいよ。
手術3日目ぐらいからやっと座るリハビリから始まったみたい。
年齢的にもリハビリには時間がかかりそうです。

いままで自分の体に自信を持っていたジジだけど、この手術がどれだけ大それたものだったかと
改めて知ったみたい。
手術する前はこんな大掛かりだと思っていなかったらしいから。
心臓の手術なんだから我々の年代だって大それたことなのに、85歳じゃもっともっと感じないといけないのよね。
今までのジジより一回り小さく見えた感じだったよ。

ジジネタから離れます(^_^;)

1ケ月弱ぐらい前に『塩レモン』というものを作ってみました。

なんでも「魔法の調味料」とか言われてるみたいで、、、

レモンと塩だけで作る発酵調味料

元々はモロッコでは昔からある調味料らしいです。

塩レモン1 
塩はレモンの15%~20%ぐらいの量で瓶などにレモン・塩・レモン・塩というように重ねていきます。
冷蔵庫で1日1回逆さにしてよく混ぜます。

1週間経った塩レモン
塩レモン1週間

3週間ぐらい経つといい感じになるらしいけど
2週間ぐらいでサーモンのホイル焼きに使ってみました。
塩レモンとサーモン包み前

塩レモンとサーモン包み後

サーモンの上に塩レモン汁とレモンをのせます。
ホイルに包んでオーブンで20分ぐらい焼きます。
味付けは塩レモンのみ。
結構しょっぱいのでこれだけで十分でした。

ただ国産で有機栽培のレモンてなかなかないんですよね~
それに高いし。
次作るかどうか疑問です(^_^;)





2014/06/15

親の老後その5

ご無沙汰ぶりぶりです。
実は5月末にブログを書いて下書きしてたんです。
途中まで書いて、ジジの話しのくだりがどうも面倒くさくなって(^_^;)放置してました(笑)
そしたら6月も半ばじゃないの!
梅雨に入って先週は大雨が続き、洗濯物が乾かないことにストレスを感じてました。
しかし土日は梅雨明けしたようないいお天気暑すぎるよ。
ま、まだエアコンなしで過ごしてますけどね。

今年はゴーヤを植えるのをやめて、トマトとピーマンにしました。
収穫できるといいなあ~
家庭菜園 019
(これ随分前の写真なの。今はだいぶ大きくなったよ(*^_^*))

久しぶりに「親の老後」のことでも書こうかな~と思っています。
5月のGWにわりと長く帰省したんですが、その時に母も去年の11月から雪の多い僻地で一人暮らしの老人だけが住めるという施設から一時帰宅しました。
でも家にいるより施設にいた方が体が楽だって。
それどういうこと?(^_^;)
ホントに家にいるのが嫌なんだね。
母の場合いつも「こえ~こえ~」(秋田弁なんですが、標準語に変換するにはとても難しいのです(^_^;)ちょっと動くと動悸がするような具合)と言うんですけど、それがちょっと動くたびにその言葉を連発。
もう癖になってるんですよね。
聞いてるとホントイラッとしてきますから(^_^;)
もう最近は聞き流すようにしてますけど。。。
そんなことを言っても検査しても特に変わりはないんですよ。
たぶん精神的なものなんでしょうね。

今の施設は本来なら5月末までなのですが、子供たちは遠くにいるし、近所に何かあればすぐに来てくれる人もいないということで7月末まで延長できることになりました。
でも、一応ケアハウスを探してる状態ですけど。
8月~10月はどうしようかと今から兄弟と作戦会議しないといけません(笑)

さてもう一人の親 ジジですけど(^_^;)
2年程前から透析をしてから体調もよくなり、85歳にして自炊して たまに遠出したりして余生を楽しんでいます。
ですが、先日透析の後 気分が悪いと言って途中で帰り、次の日近くに大学病院の付属病院ができたのでそこで診てもらったら異常に脈が遅く、不整脈もありその日に入院することになりました。
私も夫も仕事中だったのでジジは一人で支度して一人でまた病院に出かけ入院しました。
ベットが空いてないということで2日ほど救急の病室にいました。
循環器内科の先生によると、徐脈と不整脈を改善するにはペースメーカーをつけた方がいいということでした。
あと、それよりも重大なことが見つかりました。
それは大動脈弁が硬くなって血液の流れが悪くなっているため、ふらついたり胸がムカムカしたりするということでした。大動脈弁狭窄症というものらしいです。
心臓収縮時に弁が大きく開くことができず心臓から出される血液の通路が狭くなってしまらしく、病気が進行すると心臓から全身の臓器に送られる血液が大きく制限されてしまうため狭心症や失神といった重篤な症状が出るようになるらしいです。
ペースメーカーの手術も(部分麻酔手術)無事終わって、4日後には退院しました。
医者もびっくりするほどの回復力だそうです(^_^;)
ペースメーカーつけてから脈も落ち着いたのか、前よりも動きたがります。
でも、爆弾抱えてるようなもんなのであまり出歩かないようにしてほしいけどね。

来週はその大動脈弁の手術で入院です。
85歳で心臓の手術か~と思うけど、本人6年後のオリンピックを楽しみにしてるのでたぶん大丈夫でしょう。
その「生きたい!」という貪欲な気持ちこそが病気をよせつけないようにしてるのかも。

うちの母は「早く死にたい」とよく口にだすけど、私は「そうやって言ってる人こそ死なないから。憎まれっ子世にはばかるっていうんだよね」って。
確かにいい人って早く死んでる気がする(^_^;)
そう思うと嫌われwakkoに(嫌われ松子という映画があったけどさ)になろうじゃないの(笑)

2014/05/10

結婚式に参列してきました

お久しぶりです。

すっかり初夏の陽気になりましたね。

体調の方はまったく問題ないです。

元気に仕事もしています!

が、今年は4月頃にやたらとくしゃみや風邪でもないのに喉の痛みなどがありました。

それってもしかして『花粉症?』と思いながらも、自分じゃ認めたくなくて(^_^;)

でも、周りの人は「デビューおめでとう(笑)」なんて言うし、、、

それでもまだ認めていないですけどね。

4月もあっという間に過ぎ、4月末から5月4日までは秋田の実家に帰ってきました。

今回は結構長かったので1泊は友達の家に遊びに行ったり、中学の同級生とあったりそれなりに充実した帰省でした。

母のことなどいろいろあるのですが、、、、それはまたの機会に。

今回はとってもうれしい!おめでたい記事です(*^_^*)

このブログで知り合った仲間とのオフ会で初めて会ってからかれこれ丸6年でしょうかね、うみねこちゃんとの付き合いは。

新宿でおこなわれた大花見その時に初めて会ったと思います。

それからオフ会で会ったり、個人的ににもちょくちょく会ったりして現在に至っています。

この6年、、、、うみねこちゃん色々あったなあと思い出しています。

はっきり言ってもう会えなくなるんじゃないかって時もありました。

でも、でも彼女の持ち前の精神力の強さで不死鳥のように復活してくれたのです。

今では「あーあんなことあったね」なんて、懐かしい思い出話をできるようになりました。

実際は辛い治療を乗り越えてきた彼女は本当にすごい人です。

そのうみねこちゃんの結婚式が5月5日 東京カテドラル聖マリア大聖堂でおこなわれました!

そしてうれしいことに私もそのお式に参列することができました(*^_^*)

その時の模様をうみねこちゃんの許可を得てブログに載せることにしました。

少しですけどうみねこちゃんのウェディング姿見てくださいね。

とっても、とってもきれいですよ~

Ninaちゃん結婚式 004 Ninaちゃん結婚式 002
東京カテドラル教会は椿山荘の向かいにあります。

椿山荘には2回程結婚式で来ていますが、カテドラル教会は今回初めて入りました。
とても荘厳な由緒ある教会なのでやたらと撮影などはできないことになっています。
でも、今回は結婚式ということで教会側からも部分的に撮影OKが許されました。

Ninaちゃん結婚式 006
バージンロードを歩いてくるうみねこちゃんの姿を見てもうウルウル。
でも、いいショットを撮りたいと思いながらも中々難しかった(^_^;)

Ninaちゃん結婚式 012
たぶん(笑)指輪の交換シーンだと思います。

Ninaちゃん結婚式 019
式が終わって控室で待ってるみんなのところへ夫婦で出てきました。
もう、二人で見つめあっちゃって(笑)
お二人ともすごくいい笑顔でしたよ(*^_^*)

P1060357.jpg
ドレスもとってもきれいで、かわいくてうみねこちゃんに似合ってました。

P1060364.jpg
椿山荘の庭に移動して写真撮影しました。
私たちも一緒に撮ってもらいました。
私はこの日ふだん履かない7cmヒールを履いて行ったのに、背がこんなに低いとは(+_+)
うみねこちゃんはこの日15cmヒールだったみたい(^_^;)

Ninaちゃん結婚式 031
式の後茶話会があり新婦は少しお色直し。
かわいいブーケだったわ~

P1060367.jpg
後姿もすてきでしたよ。

今までたくさん涙を流した分これからはいっぱい幸せになってほしいですね。

フレンズの姐さん(笑)が「しあわせ倍返し」と言ってましたが、その通りです!

うみねこちゃんも結婚式当日にブログを更新しています。

ブログ⇒こちら
http://umi115.blog80.fc2.com/?no=582

うみねこちゃんご結婚おめでとう!

末長くお幸せに!
2014/03/10

術後7年の検査

3月に入り10日経ちました。

そろそろ「梅」とか「桜」とかの写真があちらこちらで見られる季節ですが

今年はあまりないような感じ。

今朝も北風が吹いて寒い

部屋の温度かろうじて二桁でしたが、10℃。

まだまだ暖房もフルにつけないと過ごせないよ~

1月、2月の電気料が今までで最高だったし、電気料は生活費を圧迫しますね。

北国、雪国に住んでる方にとっては毎年のことで本当に大変だと思います。

久しぶりにブログを書く気になった(笑)かというと、術後7年の定期検査に行ってきました。

5年までは乳腺科と婦人科は一緒の日に受けられていたのですが、6年目からは主治医制度もなくなり

次の予約は予約カウンターにて自分で予約を取るシステムになりました。

乳腺科の医師は毎回違いますが、婦人科はやっぱり慣れてる医師がいいのでここのところ同じ医師に検査してもらっています。

でも、その医師と乳腺科の予約日が合わないと別々の日に行かないといけないんですよね。

今年は合わなくて、婦人科が2月18日、乳腺科は3月4日でした。

でも、婦人科の結果を聞きに行くのは乳腺の検診の3月4日合わせてくれたのでよかったんですけどね。

今回の検査、婦人科(子宮頸がん、体ガン検査)も乳腺科(マンモ検査)痛かったなあ~((+_+))

やっぱり私は痛みに弱いと再確認した感じです。

術後7年の検査はいつもと同じように血液検査・胸部レントゲン・乳房撮影(マンモ)・医師の診察です。

いつもマンモの前に医師の診察をしてもらいますが、今回も女医さんでした。

でも、初めてお会いする方でした。

両胸をささーっと触って、特に問題なしのようなのですぐに終了。

その後毎回ドキドキのマンモ検査へ。

いつも技師さんに「痛みに弱いので、、、」と一言言っています(^_^;)

今回も「左胸は手術して痛みがあるので」といいました。

そうすると何度も「大丈夫ですか?」と声をかけながら、少しずつ機械で挟んでくれるんですけど

今回は痛かったなあ~(>_<)

なんとか倒れず終わりましたけどね(笑)

乳腺科の診断結果は10日~2週間後に郵送で送られてきます。

先にやった婦人科の検査ですが、今回も何も問題がなかったです。

ただ、夏に受けた時に検査結果を聞きに行った先生が「検査は一年でいいのでは?」と言ってたので

今回その事を言ってみました。

すると

「そうですね。一年に一度でもいいと思います。ただ、ここでの検査は終わり、健診センターかお住まいの近くの婦人科で検査してもらうようになるんですよ」と。

私が通ってる病院でもガンドックみたいな健診センターが併設されています。

それでそのパンフレットをくれました。

がん専門ドックコース・ガン専門ドック女性コース・ガン基本コース(男女)・ガン基本コース女性

あと、単独に受けられるような感じでした。

金額は結構しますね~

マンモ検査は単独だと13,000円、子宮・卵巣がん検査は23,000円でした。

今後区から来る無料の婦人科検査でもいいのかな~と思うんですが。

乳腺の方も10年経過したら、たぶん定期検査はなくなるということです。

だんだん病院との付き合いが薄くなっていくのはありがたいことですが、

次回から自分で病院を探して予約しなければなりません。

そうすると腰が重たくなって、なかなか病院に行かなくなるんですよね(^_^;)

だって会社員だった頃は会社の健診があったから胃の検査や大腸がん検査してたけど

フリーの今は区の健診も受けに行ってないし、、、、

でも婦人科は意識して一年に一度は受けに行こうと思っています。

毎年恒例になりつつあるんですけど

婦人科健診が入ってない時は検査終わってから『大江戸温泉物語』に行くのが多くなりました。

夫も前からこの日に休みをとっていました。

ふだん一緒に出かける時がないので、たまには(^_^;)

そうそうゆりかもめの車両が新しくなったんですよね。

今までボックスシートでしたが、ベンチシートになりました。

車両が狭いのでボックスシートだと前の人と膝がぶつかってしまいそうで坐りにくかったのよね。

ベンチシートだと大量に輸送できます(*^_^*)

ゆりかもめ_n


大江戸温泉物語は11時オープンなのですが、オープンと同時に入りました。

平日なのに意外に人多いんですよね。

もう、休みになってる学生の集団が多かったです。

お昼を食べて、さっとお風呂に入り、休憩室で仮眠して、またお風呂に入り、仮眠

みたいな、だら~っとしていました。

今回私はボディケアを受けました。

洋服の上からのボディケアと膝下から足裏をアロマオイルでマッサージです。

いや~久しぶりの自分へのケア 気持ちよかったです(^_^)v

大江戸温泉_n

平日だと入館料が1980円ですが、200円クーポンを使うと1780円。

でも、マルイのエポスカードを持っていたので280円引いてくれたので1700円で入れました。

帰りは無料シャトルバスが何本も出てるのでそれを利用した方が絶対いいです。

ゆりかもめ料金高いし(^_^;)

ちょうど門前仲町を通るシャトルバスが出ていたので乗りましたけど、28名までだったので、15分前ぐらいから並びました。

東京駅行きや品川駅行きなどは本数もたくさんありバスも大きかったかも。



明日で東日本大震災から3年が経ちますね。

世間は7年後の東京オリンピックのことや今季のソチオリンピックなどで震災のことなどわすれかけているんではないかと思うところもありますが、ここ数日は震災関係のテレビ番組なども多くなり、改めてあの大震災で起きたことは忘れてはいけないと思いました。

震災の時に小さかった子供が3年経つと成長も目覚ましいですね。

小学生だった子が当時はあまり何が起きてるのかわからず、また何も考えられなかったけど

年齢を重ねていくと、だんだん震災の時のことを、思い出したり、考えたりすることが多くなり

今の方が辛いという子もいました。

子供の時にあんな恐怖に遭ったら、心のどこかにずっとその怖さや失望などが残っていますよね。

子供たちの心のケアはもっとちゃんとやっていかなければならないのではと思いました。

そしてまだまだ復興は終わっていない現状。

早く復興もすすむように祈りたいと思います。

3.11の前の日ですが

黙とうしたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。