2007/05/24

放射線半分終了

東京地方毎日暑い日が続いています。
でも、熊谷の39度には驚きです
まだ5月なのに、この暑さ
でも、湿気がまだないから許せるかな~

今週水曜日から放射線の時間を朝9時から10時にしてもらいましたあ。
って、いうのは午前中に会社へ行けばいいなあと思ったからです
1時間、いつもよりゆっくり出れるのはいいんだけど、結局1時間遅くした分ダラダラと過ごし、朝はあわただしく出て行くはめに・・・

放射線も今日で16回目になりました。
16/30ですよ~。
半分おわったーー!!
今週の月曜日に放射線科の医師の診察(部長でした)があり、また問診表には「赤くヒリヒリする」のところに丸をつけ、乾燥してきたとコメントもつけました。
部長はいつものごとく「今日は何回目だっけ?」と聞き
「13回目です。ちょっと乾燥してきたみたいなんですけど~」と言ってみました。
実際は皮膚はそんなに赤くはなってきてないんだけど、乾燥してきてるなーっていうのはわかります。
今日こそ軟膏出してほしかったんですよ~
しかし、部長は
「気にし過ぎだよ~。どれどれ、やっと色ついてきたね。効いてるってことだよ。まだまだだね。はい、軟膏はいらないね~」
と、軽々あしらわれました^_^;
できれば塗らないで最後までがんばってほしいと放射線医師は思っているのかもしれません。
できれば「皮膚炎予防」的に軟膏がほしかったんですけどね~~
放射線が効くのと肌の炎症をくいとめるのどっちが大事?って聞かれたら、もちろん「放射線効果」を選ぶけど。
でも、皮膚が痛くなるのも痒くなるのもいやなの~~(>_<)
と、はっきり言えなかったなあー。

国立がんセンターのガン情報サービスのHPに「放射線治療で皮膚障害を起こした時のケア」というページがあったので読んでみると、軟膏をつけるのも直接よりガーゼに塗ってからいいとか、軟膏を皮膚につけたまま治療を受けると、線量が増加して皮膚炎を発症・悪化させる原因となるそうです。
なので、照射前には軟膏をふき取ってからともありました。

私の場合は脇の下が少しヒリヒリ感が強いです。
そして乳首が右に比べ大きくなってます。それにヒリヒリしてる。
これは照射され刺激されたから?
まるで妊婦さんの乳首(妊娠したことないからはっきりわかりませんが^_^;)
植物油(*セントジョンーズワート)を他のボディに塗った後、手に残ったオイルをやさしく脇の下にあててみました。
塗るというほど量はないです。(朝には皮膚に浸透してるのでオイルが肌に残ってる事はない)
照射前に看護師さんが「白いクリームはダメだけど、ベビーオイルならOK」と言ってたからです。
自衛するしかないかしら~
*セントジョーンズワートは真夏に黄色い花を咲かせヨーロッパでは古くから家庭薬として伝統的に利用されている。
セントジョーンズワートオイルは植物のエキスをベースオイルに漬け込んで作る浸出油。
効能は炎症・火傷・湿疹・かゆみ・神経痛・坐骨神経痛・痔・痛風・リウマチ・打撲・フケ


皮膚の変化は右と左と比べたらやっぱり左には「色ついてるぞー」ってわかります。
それに、かゆみも少し出始めました。
体全体では、先週まで結構平気でしたが、今週ぐらいからだるさが出てきた感じです。
夕方すっごい眠いです。
ご飯作るのも嫌になるんだけど、それだけはがんばってやってます。
食べた後はもう眠さのピーク。
なので、食後1時間から2時間転寝しちゃうのよね~(>_<)
それから起きだし、かたづけ、お風呂、メール・ブログチェックなどしてると、あっという間に12時過ぎちゃう・・・・。
また布団に入るのが遅くなるというよくないパターン。

ガンになる原因の1つに「夜寝るのが遅い=睡眠不足」というのも入ってるらしいですから。
睡眠サイクル調節をつかさどる「メラトニン」を乳癌細胞の組織培養液に加えるとがん細胞の分裂を抑制することが報告された、とある文章にありました。
がんばって12時前に布団に入るようにしなければーー。

20070524210312.jpg 20070517000403.jpg 20070517000411.jpg

※日よけ用のロング手袋買ってみました(*^_^*)
去年までは結構年配の人がしてるのを見て「これってどうなの?」って感じだったけど、最近若い人でもしてる人多いなあと思って。
意外におしゃれなものをあるんですよ~
私は素材重視に「麻」にしました
2007/05/15

放射線9回目と診察

放射線治療今日で9回目。
今週から(と言ってもまだ2回目)放射線治療も朝9時からになった。
いつも会社に行く時間より5分早めに出ている。
病院には20分前ぐらいに着く。
地下に下りて受付を済ます。
受付の人はいつも笑顔で迎えてくれるので、気持ちもすがすがしくなる。
夕方の時とは違って、結構待ってる人がいる。
みんな放射線受けてから出勤するんだろうな~って人がほとんど。
意外にもおじさん多いわ。
たま~に同じ年代の人を見かけるけど、座ってるところも違うから話しかけるって感じじゃない。
終わったらさっさと帰るから、話し相手っていうのは見つかりそうもないな。
待ってる時間はもう少し有意義に使わなきゃいけないかな~
受けるかどうか決めてないが、秋にあるアロマの団体の上級資格の試験があるのでその勉強でもしようかと思って・・・。

一応予約時間9時だけど、昨日は呼ばれたのが35分頃。
15分前から待ってたから45分は待ってたなあ~長かったー(-_-;)
今日は、15分ぐらいに呼ばれた。
ランドリーかごのようなところにバスタオルが置いてあり、上半身裸になったら、バスタオルを巻いて、放射線の台に寝る。
寝て、位置を確認してバスタオルを下ろされる。
照射3分・・・・「はい腕下ろしていいですよ~」と言われ、バスタオルを上げられる。
すごいスピーディー。
ボタンがあるものより、被り物の方がサッとすむなあ~
着替えて廊下に出ると、次の人が待機してるからなんだか、もたもたできない感じ。
夕方の方が誰もいなくてのんびりやってたなあ~

今日は受付をしたら「診察あり」になっていた。
ホントは明日の予定だったけど、先生の都合で今日になったみたい。
今日は女医さんの番。
隔週で部長と女医さん交互で診てくれる。

診察室に入り、「今日で9回目ですね」とおっとりした女医さんは言った。
診察を受ける前に問診表を渡され、今の症状を書くのだが
乳房・脇の下の赤みとヒリヒリに○をつけておいた。
まだそんなに「赤~くひりひり」してるって感じじゃないけど、
脇の下はなんとなくうっすら黒いし、ヒリヒリ感がある。
乳房の方は多少赤みを帯びてきた感じで、乳首の辺りが「しわっ」となってるところがある。
でも、ヒリヒリ感はない。
放射線が終わってからは持ってきた保冷材をブラの中に入れて冷やしている。
ほてりが治まるのでいい感じだ。
先生に「脇の下のあたりがヒリヒリするんですが・・・」と軽~く訴えてみた。
先生に見せてみると、
「う~ん、まだ赤くなったりしてないしね~気になりますか?」と言われ、
「気になるというか・・・ちょっと違和感があるので・・・・」
先生「赤くなって、すごくいつもヒリヒリするようだったら軟膏だしましょう。そのヒリヒリ感は放射線を受けての中の方の刺激でしょうね。
皮膚の炎症まではいってないと思うのでちょっと様子みましょうか」と言ったので、
私も「そうですね、1週間様子を見ます」と私もすんなり引き下がった^_^;
ちこちこさんの日記では放射線の皮膚炎症を早めに防衛する対策を立てていた。
皮膚科受診でお薬を処方されてたがとても参考になった。

女医さんは皮膚を見て「傷がきれいですね~」と言ってくれた。
なので、「部長先生にも「前より腕が上がったな(外科の)」って言われたんです」と言うと、
笑いながら「いえいえ変な意味じゃなくホントきれいですよ」と。
確かに、放射線を受けてから傷が少しずつ目立たなくなってきたような・・・。
傷は左胸谷間寄り、乳輪から2cm程上に横に5cmの傷(術後より少し縮んだ?)
部長先生も言ってたな「だんだん傷目立たなくなるよ」と。
でも、左胸だけ色が黒くなるってことなのよね~。
あと、脇の下というか腕の付け根の辺りもうっすら黒くなってきてる(なんか汚れっぽい)
こりゃーノースリーブ着れないね(>_<)
って、今年は日焼けしちゃいけないからノースリーブは我慢だな~。
2007/04/28

放射線 X線と印確定と予約日

昨日はアロマスクール時代の同期と久々に飲みに行って来ました。
私を入れて4人でしたが、年はバラバラです。
もちろん最年長はわたくしです^_^;
一番下の子との年の差なんて20歳よ!
へたしたら子供でもおかしくないのよね~。
でも、社会に出て何か新しく始めようとして学校入ると、年齢は関係ないです。
同じ志を持って勉強してると、20違えど同級生。
私は彼女たちに新しい感覚を教えてもらえるし、私は多少人生経験長い分ちょっとはアドバイスできるかな~。
アロマスクールの仲間たちには病気の事一切言ってません。
今回もちょっと言うことはできなかった。
「いつからサロン再開するの?」と言われ、
「6月下旬頃かなー」と言いました。
6月下旬、放射線も終わってるし、そろそろ始動開始したい時期です。
放射線の副作用何もないことを祈るけど。
linemituba.gif

昨日は13時から放射線のX線と印の確定と照射日の予約だった。
前回の胸元の赤い点は、実は消えてしまっていたのだ。
なんか言われるかなあと思ったけど、何にも言われなかった。
谷間とわき腹の十字は多少薄くなっていたが、付いていた。
時間ぴったりに呼ばれ、検査着に着替える。
ベットに寝て頭の位置を合わせる。
このプラスチックの枕、結構首が痛くなる。
どうもフィット感を得られないまま、検査に入る。
両手を上げ棒を握る。
技師さんが「では、15分ぐらいですからね」と言って、別室に消えた。
15分このまま?と思うと、「手しびれそう~大丈夫かなあ」
考えれば考えるほど、動悸が早くなる。
ダメダメ(>_<)違う事考えよ。
ブログのお友達は頭の中で歌うたったて言ってたなあ~。
なんか歌・・・・浮かんでこない。
たぶん5,6分経って、技師さんが部屋に入ってきて、
「印を付け足しますね。そして、照射する部分写真を撮ります」
印を付けられた片乳(いや、乳房ですね^_^;)出して、写真を撮られた。
こんなあられもない姿を写真・・・しょうがないね。
どんなふうに写ってるんだろ?

続きを読む

2007/04/24

放射線 CT撮影と印つけ

放射線の照射に先立って、やる事がたくさんある。
実際、照射が始まるまで3回も病院に行かなければいけない。
今日は11時半からの放射線科の予約。
病院到着11:04、すぐにB1放射線科に行くと3分ぐらいで、呼ばれた。
人が待ってないと予約の時間より前にやってくれるからありがたいなあ。
なので、いつも検査の時は時間より早めに行くことが多い。
しかし、診察は例外(>_<) 待たされるぞー
呼ばれて部屋に入るなり、本人確認の為に写真を撮るらしく、技師さんがデジカメ片手に
「じゃー壁によりかかってください」と言う。
この場合ってあんまり”ニコー”って笑わない方がいいのかなあ。
一応口角上がりぎみでカメラを見つめる。
どんなふうに撮られたかは確認できなかった。

検査着に着替えて、ベットに寝る。
なかなか体がまっすぐになってないみたいで、少しずつずらされ、2,3分後やっと位置定まり、ペンで印をつけられる。
今日印をつけられると思ってなかったー(>_<)
印の一部が、結構喉より5cm下ぐらいに赤い点がつけられてる・・・・。
(下に写真あります・・・見苦しくてすんません)
今日は何も考えず、タートルネックを着てきたから見えない。
でもこれって、普通のTシャツでもこの”点”は見えちゃうんだけど・・・・。
これから何着よう?

マジックで書かれるというので、もっと書いてる感じがするのかと思ったら、筆でなぞられる感じだった。
ちょっとこそばゆいっていうか・・・がまんできないほどじゃないけど、
ペンで書かれた部分にテープを貼り、そしてCTを撮る。
3,4分で終了。
鏡がないので自分の体にどんな線が描いてあるのかわからなかった。
家に帰って・・・・・・。
こんなふうなんだー。

続きを読む

2007/04/19

放射線科受診と今後

今日、初めて放射線科の先生と会ってきました。
10時半からなので、家からそのまま病院へ行こうかと思ったけど、遅刻になるのが嫌なので、とりあえず一回会社へ行ってタイムカード押して、それから外出した。
回りくどいし、交通費もかかるけど、一度会社に顔出して、途中外出の方が会社に気兼ねしなくて済む。
余裕持って行ったら予約時間の30分前に着いた。
診察を受けたのは予約時間から15分ぐらい経ってからなので45分ぐらい待ってしまった。
15分の待ちなんて乳腺科に比べたら全然楽勝だね。

(ここからちょっと長いです・・・)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。