--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/14

韓国2日目パート1

韓国旅行の続き

前夜は私にはめずらしく寝つきが悪く、夜中にも2回ほど起きてしまった。

次の日の朝は9時にホテルを出ようということだったので、7時に起きた。

朝食は前の日にコンビニでパンとヨーグルトを買った。

そしてホテルのサービスのティーパックのコーヒー。

このコーヒーがものすごく薄かったな(^_^;)

この日は韓国の宮殿や世界遺産を見に行く予定です。

韓国の地下鉄の入り口
P1060158.jpg

切符の自販機です。
すべてタッチパネルで日本語も対応。
日本語を押すと路線が出てきて行きたいところをタッチします。
すると金額が表示されます。
使い捨て切符がなくて1回用交通カードというものです。
最初に保証金500ウォン(50円ぐらい)を払いますが、最後に500ウォンは返却されるのです。
P1060159.jpg

これが交通カードです。
P1060160.jpg

地下鉄のプラットホーム。
全てガードされていましたね。結構きれいです。
車内では日本人と同じようにみんなスマホいじってる人がほとんど。
そういえば韓国でガラケー持ってる人見なかったなあ。
P1060161.jpg

そうそう携帯電話のことですが、羽田からは電源を切っていました。
韓国着いてもきっと圏外で電話はつながらないだろうと思っていたら
なんと!免税店で携帯の電源入れたら、すぐにメールの受信
え?電波入るの?
そしたらドコモからのお知らせで勝手に海外パケに変わるみたいな感じ。
でも、1日1980円までは使えるようなこと書いてあったけど、高額請求されたら怖いのでほとんど電源切ってました(^_^;)


地下鉄は日本のように何本か線があって、1号線、2号線、3号線とか
色と番号で行き先がわかるようになっています。
でも、日本だったらどの交通機関も英語・中国語・ハングルと表示されてるのに、韓国ってまったくないんですよ(^_^;)
漢字や英語だったらまだなんとなくわかるけど、ハングルはまったくわからないよ~
ほんと日本っていたれりつくせり。お・も・て・な・しバッチリ(*^^)v

今回は韓国通の友達がいたから、すんなり地下鉄にも乗れたけどね。
まったくの初だったらまごまごしちゃっただろうな~

最初に行ったのは「景福宮(キョンボックン)」
朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として使われていたそうです。

ここから入っていきます。
この日も曇り空で写真が暗いんですよね~(^_^;)
P1060164.jpg

景福宮の正門(この写真は裏側ですね(^_^;)) 戦争や強制移転などを繰り返し、2010年に復元工事をしたそうです。
P1060165.jpg


勤政門(クンジョンムン)
国宝に指定されている景福宮の正殿。
P1060166.jpg

P1060171.jpg

P1060173.jpg

中央には正座があります。

P1060174.jpg

勤政殿の天井の龍です。
龍は、動物の持つ最上の長所をすべて備え、調和能力に優れていると解されていたようです。
P1060176.jpg

景福宮は午前10時から日本語の無料のガイド(日に3回)があるというのでそれに合わせて行きました。
1時間近く景福宮のほとんどの宮殿のガイドをしてくれます。
チマチョゴリを着たガイドさんでとにかく歩くのが早くてついて行くのやっとだった(^_^;)

10時になると王宮守門将交代儀式があるというのでそれを見ることができてよかったです。
2013090610010001.jpg P1060168.jpg 2013090610050001.jpg

光化門(クァンファムン)のところでは守門将がいて、一緒に写真も撮ることができるのです。
私は撮ってきませんでしたよ(^_^;)
P1060200.jpg

香遠亭(ヒャンウォンジョン)ここは王様と王妃のデートした場所だそうです。
今の時期蓮の花がきれいでした。

P1060179.jpg

康寧殿(カンニョンジョン)王の寝室と食事処と交泰殿(キョテジョン)王妃の寝室など。
現在の建物は日本統治時代に撤去されたものを1994年に復元したものだそうです。
P1060197.jpg P1060195.jpg P1060190.jpg
宮廷女官チャングムを思い出しました(*^^)v

これは床下暖房のオンドルの煙突
P1060189.jpg

景福宮は本当に広くて、ていねいに見ていたら2時間近くかかるかも(^_^;)

景福宮の一部にちょっと行くと、青瓦台(チョンワデ)韓国版ホワイトハウス、大統領官邸があります。

P1060182.jpg
1991年、ノ・テウ(盧泰愚)大統領の時に建てられた大統領官邸

景福宮の後は1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録された昌徳宮(チャンドックン)に行きました。
昌徳宮は景福宮駅の1つ先安国という駅にありますが、1駅なので歩いていくことにしました。

しかし、結構遠かった(^_^;)

昼時だったので会社員たOLの人たちが町にたくさん出てていました。

昌徳宮は正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、光海君(クァンヘグン・1571-1641・李朝第15代王)以降、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所だそうです。
P1060203.jpg

景福宮の作りと似てるの後から写真を見て「どれが?どれ?」ってなりました(^_^;)
写真を撮った日付でなんとなくわかったけど、、、
P1060204.jpg

この昌徳宮も結構どころじゃないぐらい広いんです。
全部で約135,000平方mの敷地には13棟の宮殿の建物があるんですよ~
ここではざーっと見て帰ってきました(^_^;)

韓国行ったならやっぱり宮殿は抑えておきたかったので見れてよかったです。

と、ここまで宮殿の話しが長くなったので、この後のランチや仁寺洞(インサドン)での買い物などはまた次回にします。

韓国旅行記、、、こんな長くなるとは、、、(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。