--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/18

親の老後その2

3連休の最後の14日の雪は本当にびっくりでした!

その日は朝からお客様でいらした時は、雨だったのに2時間半後に終わって、ベランダの外を見たら

この状態
雪の日

トンネルを抜けると雪だった、、、じゃないですけどそんな感じでした(^▽^;)

関東に雪が降ると本当に交通がマヒしますね。

そして次の日は気温が低くなり道路の凍結。

今回もすってんころりんする人が多かったみたい。

そっちの方がやっかいです。

いつも思うけど何故道路凍ってるのに普通の靴を履いていくのか不思議です。

見た目が嫌でも怪我するよりいいでしょ?って感じ。

か、会社着いたら履きかえるとか、学習しろよ!って思う。

ま、雪国で育ったものの言い分ですが、、、、

13日の夕方 弟(次男)が母を迎えに行き、そのまま新幹線で東京まで連れてきてくれました。

私は13日はフラのイベントだったのですが、終わってからすぐ東京駅に行き改札口で合流しました。

東京駅からはタクシーで15分ほどですが、その後難関が

うちは5階建ての5階でエレベーターなしです。

このビルが建った頃は5階まではエレベーターを設置しなくてもいい時代?(30年以上前)だったため

5階まで階段なんですよ(^▽^;)

階段だけど地下鉄の駅から3分という好リッチ条件を取りました。

若いうちはいいんでしょうけどね。ここを昇れなくなったら引っ越し考えます(笑)

で、問題は年老いた母です。

もう、昇るしか家に入れないからね~(笑)

2階まで自力で昇ったのですが、弟がみかけねて5階までおんぶして連れてってくれました。

意外に力があるのね~と感心しました

「年寄りの割りに重い!」と言ってましたけど(笑)

背は145cmぐらいしかないのに、私より体重があるからね~

もうちょっとやせてもいいんじゃないかと思ってるんだけど、、、

せっかく雪の秋田から来たのに着いた次の日はこんな雪で、なんだかなあ~って感じでしょうね。

「東京はもっとあったかいと言われてきたのに(冬に来たのは初めて)寒い」って(^▽^;)

そりゃー東京だって冬は結構寒いんだよ~

でも、雪が降る前日に東京入りしてよかったです。

きっと電車も止まったんじゃないかと思います。

14日は朝からサロンワークでしたので、隣の部屋で終わるまで待機しててもらいました。

お客様には家人がいることは伝えてあるのでトイレにも行けない状態ではありませんから。

お客様が帰ってから、母に足裏マッサージをしてあげました。

足浴して足を温め、ベットに寝てもらいリフレクソロジーです。

母へのリフレはかなり久しぶりですね~

母リフレ
終わったら「気持ちよかった~」と言ってくれてよかった(*^_^*)

今度はフェイシャルをやってあげよう。

ここから先は今回の目的でもあるセカンドオピニオンで病院に行ったことなどで長くなるので折りたたみます。

15日は夫もちょうど休みだったので、レンタカーを借りて診てもらう病院まで行ってきました。

なんせ雪が降った次の日で道路は凍ってます。

夫も乗用車を運転するのは2年ぶり(^▽^;)

そんな凍結した道路運転するのもほとんどない状態

ちょっと心配だったけど雪があるのはあまり車がない道路で、幹線道路はほとんど雪がありませんでした。

ゆっくりゆっくり走って1時間弱で病院に着きました。

大学病院ですから広い、広い

母もこんな大きな病院に来るのは初めて(田舎でかかって病院も結構大きかったんですけどね)

まず、受付で紹介書を持ってるということでスムーズに診察まで流れました。

でも、受け付けて一時間ぐらいは待ったけど。

今回セカオピ扱いじゃなくて初診扱いで。

セカオピだと30分1万500円って書いてあった(^▽^;)

病院によってそれぞれ呼ばれるまでの流れって違うじゃないですか?

私がかかってる病院はポケベル的な受信機を渡されるので、診察室の前で待たなくてもいいのに慣れてるんだけど

今回は一応診察受付票に部屋番号と本人の順番の番号が書かれています。

部屋の扉の液晶にその順番の番号が書かれていて、その液晶が自分の番号になったら部屋に入っていきます。

でも、お年寄りは結構違うところで座ってて「いつまでも呼ばれない」とか文句言ってる人がいました(^▽^;)

結局、すぐ部屋に入っていかないとマイクで名前呼ばれるんだけどね。

母の順番になり部屋に入ったら50代半ばぐらいの先生でした。

診てもらう科は膠原病・リウマチ科

今の状態を一通り説明したのですが「秋田からなんで?」って(^▽^;)

そりゃー聞かれますよね。

ここに来るまでの経緯を説明すると

「お嬢さんはどこに住んでるの?」

「はい、江東区の○○です」

「ここまで遠いでしょ。そっちにもリウマチ科のある病院あるよ。あれなら紹介書書くし」

と言ってくれました。

秋田の病院の最近の検査のデータがわからない(1/8に検査したけど向こうの医師にはどこも主だった悪い結果は出なかったと言われた)とのことなので、血液検査・尿検査・心電図・胸のレントゲンの検査をすることになりました。

問診で「動悸」「息切れ」「喉の渇き」「食欲低下」を訴えると

「糖尿病の疑いもあるかも」と言われました。

あと極度の疲労感というか、少し動くだけで動悸がするというのは心臓に雑音があると。

今回血液検査を詳しくしてもらったので来週22日にまた結果を聞きに行ってきます。

広い病院なので検査するにも2Fだの3Fだの行くので結構歩きましたね。

なので帰ってきて母はかなり疲れたみたいです。

ま、付き添いの私も疲れましたけどね(^▽^;)

病院に行くには電車だと乗り換え2回しないといけないし、ドアツードアでも1時間はかかります。

家からタクシーで行くにしても高額になるな、、、

来週も夫がちょうど休みが取れるというのでまたレンタカーを借りて行く事にしました。

タクシー代よりは安く済むと思うので。

とりあえず来週の検査の結果を聞かないと今後のことは決められない状態です。

たぶん、私が住んでる地域の病院への紹介書を書いてもらうことになると思いますが。

いつまでこっちにいるかにもよりますね。

母としてはこの冬はこっちで暮らしてもいいかな?ぐらいの気持ちでいるみたい(^▽^;)

最初のうちはお客さん的な感じでしたけど、私が仕事に行ってる間はやることもなく

テレビを見て昼寝をするしかないです。

なのでここ2,3日はお米をといでおいてくれたり、洗濯物の取り込み、洗濯したものを干してくれたり、灯油をいれてくれたりしています。

ゆっくりやれば日常生活を過ごすことは何でもないんですが、一人で暮らしているということと、雪が降ると除雪の心配やら何やらで神経が休まらないみたいです。

でも、秋田の実家にいると週に3回ぐらいは近所の人が来て話相手になってくれてるんですけどね。

私たち夫婦もライフワークがちょっとだけ違ってきてますが、そんなに無理していません。

私もサロンの予約は受けてるし(元々そんな多くないし(^▽^;))

ま、夫の方がやっぱり気疲れしてるかな?(^▽^;)

ただ、昔から毒舌の母なので思ったことをすぐ口走る癖が、、、

「なんでこんな5階まで階段の家なんかに住んでるのか」とか

別にあんたたちのために借りてるわけじゃないし

古い家のためにあちこり隙間風が吹くと

「よくこんな家でそんな高い家賃だね」とか

いやいや駅から3分、それも都心です!この値段で入れてるのが不思議なんだけど

ま、いろいろ言われてますがいちいち腹立ててもしょうがないので適当に流してます(笑)

徐々にこちらのルールも教え込もうと思ってます(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは(^.^)

ご無沙汰してます~ぅ(^^ゞ
お母さまの通院の付き添いお疲れ様でした。
読んでいて自分の時の事を思い出しましたよ(^_^;)
家族とは言え一緒に暮らすと今までの生活と違うわけですから、それなりのストレスも出てくるよね。
でもwakkoさんは上手にこなしているみたいですね^^
あ、私は結婚後一緒には暮らしたことなかったけど^^;

もう亡くなった母の話しだけど、母は都立駒●病院に通ってたから、
連れて行くの大変だったよ~(>_<)
朝の首都高はメチャ混むし、病院も待たされるし、
やっぱり病院は近い方が良いよね(^_^;)
その教訓で自分は近くの病院を選んだの^^;

あんまり関係ない話しでコメント失礼しました(^^ゞ
駅から3分!便利だね~(^.^)

ゆうゆうさんへ

こんにちは~
こちらこそご無沙汰してます!
そしてコメントありがとうね(*^_^*)
私は18歳で家を出てから、20歳からは一人暮らししてたので、大勢(と言っても3人だけど(^_^;))で暮らすとかなりストレスになる方なんです。

今回母が上京して一緒に暮らしてるけど、昼間私は仕事に行ったり
夫も夜遅いので、あんまり関わってないぶんストレスもそんなに出てない(今はね)感じです。

病院が遠いとちょっと大変ですね。
特にうちは車もないし、私は免許もないし(^_^;)
電車で行くしかないけど、母は長く歩けないし、タクシーしかない。
と、なると経済的にも苦しくなります。

私も病院を決める時は同じ区内か電車でも便利なところで決めたの。
ま、ちょうど仕事場からも近かったので放射線の時は助かったなあ~って感じでした。

ブログ、また母の記事になると思いますけど、暇だったらまた読みに来てね(*^_^*)
ゆうゆうさんも手のしびれとか浮腫みとか軽くなるといいね。
寒いので風邪ひかないようにしてくださいね。

こんにちは!

wakkoちゃん、お母さんのこと読みました。

うちの母のことを読んでるみたいです。
>何十年もたくさんの薬漬けで薬なしではいられず、薬がないと不安になる感じですね。

わかるわ~母は高血圧に糖尿病、白内障、民剤も飲んでるし。冬になると体調悪くなるし。
でも、検査してもらっても異常なしだし。困ってしまいます。
やっぱり、ひとりがさみしいのかも。週一くらいで行きたいんだけど、なかなか行けないし。

お母さまの滞在長くなりそうね。wakkoちゃんもストレス貯めないようにね。


ふうままちゃんへ

ふうちゃんこんにちは。
ブログ読んでくれてありがとう!
ふうちゃんもお母さんとのこといろいろ書いてたから、いつも「同じだー」って思っていました。
うちも今回糖尿病かも?って感じなの。
これ以上薬増えたら嫌だな~って思うんだけどね。
とにかく今自分で何かやるとういうことに気力がないというか
やる気が起きてないので、以前のようにやる気を起こしてほしいなと思っています。
ネガティブな言葉しか出ないと聞いてる方も気持ちも下がるからね。
>やっぱり、ひとりがさみしいのかも。週一くらいで行きたいんだけど、なかなか行けないし。
そこだよね。気持ちはあるけど、やっぱりこっちにも生活あるし。
酷なようだけど、母にも少し我慢はしてもらわないとと思っています。

こんばんは

弟さん、頼もしいね。
5階までおんぶなんて(^-^)
娘にマッサージしてもらえるなんて、幸せだね。私は実母に肩揉んでもらう事がある・・・A^_^;)
実母は、肩コリじゃないんだ。私はひどくてね・・・「逆だよね」ってw

へー太郎さんへ

こんにちは。
弟、、、みかねたんでしょうね(*^_^*)
うちの夫はまだおんぶしてません(笑)
さすがに母も婿におんぶしてもらいたくないのかも、、、
へー太郎さんのお母さんはお元気なのね。元気で長生きがいいんだけどね。
私も今腰痛と肩こり一緒にきてる。誰か揉んでほしいわ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。