--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/10

親の老後

1月も10日過ぎましたね。

日一日一日がこれまた早く過ぎて行きます。

ここ2,3年私の周りでも親の介護のことで話を聞くようになりました。

それにフレンズの方の介護の話も聞いてると「他人事じゃないなあ」って思っていました。

それが本当に他人事じゃなくなってきました

3年前に父が他界してから母は実家で一人暮らししています。今79歳

なにもかも父任せだった母。

当初は「一人で暮らせない」と不安がっていましたが、弟(長男)が月に一度帰省することや、近くに住む母の妹や近所の人の助けを借りてなんとか今まで暮らしてきました。

春~秋までは大好きな土いじりができるので、気持ちも落ち着くんですけど

寒くなると気持ちが落ちることで、体も思い通りに動かなくなります。

体が思うように動かない原因は、父が健在の時からリウマチを発症(リウマチ性多発筋痛症)したのもあります(6年前)
それからずっと再発防止のための薬を服用(ステロイド剤)しています。

2年ぐらい前に一度再発し、2週間ぐらい入院したのですがそれ以降はリウマチの痛みなどは出ていません。

母は40代前半ぐらいから血圧の薬をずっと服用、それに加えリウマチの薬。

よく「馬に食べさせるほどの量だ」と冗談で話していましたが、本当にそんなぐらい薬の量が多いんです。

そして父が亡くなってからは精神的にも不安定になり精神安定剤もたまに服用。

昔から神経が高ぶると眠れなく、何度も夜中起きるとかそういう症状がありました。

それはそれで更年期の薬?ももらってたようです。

何十年もたくさんの薬漬けで薬なしではいられず、薬がないと不安になる感じですね。

今年のお正月は私は帰っていなく弟(長男)一人が帰省していました。

年末早い時期から帰っていた弟が「今年の冬は前回よりだいぶ体が辛いみたいだ」と言っていました。

弟が帰る前に体調悪くて近所の人に診療所に連れてってもらったらその診療所の院長が「これはノロウイルスだから入院しなさい」みたいに言ったらしいんですが(ちょっとお腹壊してたけど、吐き気は一切なかった)

素人目でも入院する必要あるの?という感じだったらしんんですけど、点滴を2日ほど受けるだけにしたそうです。

それで叔母や周りの人も長男が帰るまで待ったらということで入院はしませんでした。

前からそうだったんですけど、日によって体調の悪さにムラがありました。

冬場は特に。

その体調の悪さというのが本人しかその辛さを表現できないけど、秋田弁で「こえぇ~」って言います。

怖いって言う意味ではありません(^▽^;)

なんというかな~疲れた時の疲労感とか倦怠感とか、、、そんな感じです。

たぶんどうしようもなくだるいって感じなんでしょうね。

食欲は普通にあるけど、ちょっと動くと「だるい」って感じ。

あと最近では顔のむくみがひどくなってきたようです。

それでお正月明けに弟が付き添いで6年間かかってた病院で再度検査をしました。

こんなにだるいし歩くのも大変 顔も浮腫んできた、入院できないか?って聞いたら

「検査してなんの問題もない入院は無理」

と言われたようです。

前からですけど、入院させると赤字になるらしいですから。病院側はなるだけ入院はさせたくないようです。

それに「リウマチの薬の副作用はある程度しょうがない」みたいな。

確かにリウマチの薬の副作用には倦怠感とか浮腫みとかあるようです。

担当医からはデータで悪い結果が出ないし、理由がわからないみたいに言われ

「一人暮らしも原因の一つでは?」とも言われたとか。

弟的に感じとったのはそういう精神的なことはこっちでは関係ないから!と言ってるようだと。

でも副作用で「薬剤惹起性うつ病」を発症する場合がある。

インターフェロン製剤、副腎皮質ステロイド薬などの服用により起こることが知られている。ともあります。

副作用の軽減などを考えてくれればいいのに、まるでどうでもいいような態度に弟はあきれてしまったようです。

普通なら「しょうがないのか、、、」って思うところでしたが

ちょうどそんな時期に母の昔からの友達が年始の挨拶で電話をしてきたのです。

体調の話をしていたら、そのお友達の親類の人がリウマチ(関節リウマチ)で母と同じ病院で治療していたが、一向によくならない。
その時その人の甥っ子さんて方が昭☆大学病院に勤めていたらしく、リウマチの専門医の先生を紹介してくださり受診したそうです。

そしたら考えられないぐらいよくなって帰って来たという話を聞いちゃった母は「診てもらいたい!」という気持ちが沸き起こったらしいです。

その話を聞いた時から東京へ行く気満々(笑)

翌日は前日とは全然態度が違ったそうです。

精神的な部分が多分にありますよね。

そのよくなった人はたまたま治療が合ってたりしたんだと思うしみんなそこに行って治るという補償はまったくないけども、「藁をもすがる思い」があったと思います。

それに弟が帰ってからまた一人で暮らすことに非常に不安を感じ始めていたそうです。

実家の近くには冬場だけ住める高齢者の一人暮らし用の施設があります。

そこにいずれは住むように手配しなければという話は前から出ていました。

でも、なんとなくまだまだ一人でも大丈夫そうだし、話を進めないまま今まで来てしまいました。

だけどもう80歳近いですからね、高齢者は日一日に変化があることに私たちはもっと注視しなければいけなかったですね。

精神的にももう限界にきているみたいで、これは早々に手続きをしなければなりません。

ただ、その前に今回のセカンドオピニオンをきっかけに4年ぶりぐらい(その時は家には来ていません)に東京へ来て過ごすことになりました。

ま、私の狭い家で。

それも5階まで階段(^▽^;)

ホテル暮らしにしようと思ったのですが、結局ホテルにいても一人で出歩くことはできないだろうし

うちにいるのも一緒かな~と思い、階段はゆっくり一段ずつ上れば歩けないわけじゃないし大丈夫だろうと思います。

隣のちょっとボケた86歳のおじいさんも昇ってるしね。

ということで日曜日から母が上京します。

長男は「バトンタッチだ、ちょっと俺もゆっくりしたい」と言ってました。

確かに、、、今回もいろいろと病院やら何やら動いてくれたので東京にいる間は姉ちゃんにまかせてくれ!って感じ?(笑)

でも、私も自分の生活パターンもあるので母にもそれはわかってもらいお互い無理のないように過ごしたいと思っています。

まずはセカオピの病院の結果でこれからの状況も変わりますからね。


夫は2日から仕事が始まったのでゆっくり正月気分を味わえなかったのですが、この前久しぶりに二人で出かけてきました。

と言っても近所のら☆ぽですけど。
(ここから折りたたみます)


私は仕事があったので夕方待ち合わせました。

今回はほとんどの会社が7日から仕事始まりというところが多かったと思いますが

その仕事始まりの月曜日のら☆ぽはがら~んとしてました。

買い物しやすかったなあ(*^_^*)

お寿司屋さんも空いてた~

お寿司

穴子1本 やわらかくておいしかったな~
アナゴ寿司

この前フレンズさんが東京に上京するというので帰る前に、東京駅でちょっとだけ会いました。

1件目は居酒屋で、2件目に行ったのは東京駅地下街のbar Barでビールを飲みました。

ちなつちゃんが東京へ来た時に帰りに寄ってビールを飲んで行くお店でもあります。

ちょうどセールをしてたビール福島のビールだったわ。

ネコビール

でも、この「水曜日のネコ」というのがおもしろそうだったけど二人とも頼まなかった。

オレンジの皮がどうのって書いてあるので「甘いのかな~」って。

でも、ネコ好きな方にはとっても気になるビールみたいよ(*^_^*)

このお店で1杯だけのみ、まだ時間があったのですぐ近くにあったYEBISUBARへ
YEBISUビール

私はここでは「ゆずのカクテルビール」

これも甘かった(^▽^;) けど、まあまあおいしかった。

お酒好きな人にとっては邪道かもね。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あらためまして、今年もよろしくお願いします。
親の老後って本当に悩ましい案件だよね。
遠く離れてると更に複雑化する気もするし・・・。
うちは私の実家もオットの実家もいろいろあって、心配は尽きないよー。
それにしても、上の弟さん、本当に頭が下がるね。。。
おかあさま、確かに5階までの階段はちょっと気がかりだけど、
なるべく外に出られて気晴らしできるといいね〜。
東京は秋田よりはあったかいだろうし、なんといっても雪はないし。
wakkoさんもあまり無理しないでね。

シロクマちゃんへ

こんにちは~
専業主婦?どうですか?(*^_^*)
のんびりできてるかな?それとも主婦は忙しいかな?
シロクマちゃん家もいろいろあるんだ、、、
ご両親は九州の方にいかれたんだもんね。
やっぱり遠く離れてると何かと心配になるよ。
母もこっちに来て気分転換になればいいと思ってるんだけどね。
温かくなれば向こうに畑いじりとか花壇に花を植えたりする方が生きがいがみつけられるだろうし。
とにかくお互いが無理しないようにいい解決策をいろいろ考えて行きたいと思うわ。
コメントありがとうね(*^_^*)

ご無沙汰しています

残ったお母さん、結構つらいよね。でも、自分も毎日絶好調なはずもなく、わっこさんも大変だよね。気持ちと体はつながってるってホント思うよ。東京の病院でようなるといいね。

せっちゃんへ

せっちゃんお久しぶりで~す。
こちらこそご無沙汰してました~
だんだん年と共に弱ってきてるのがわかると辛いね。
ほとんど親孝行してないので東京へ来てる間は、私もなんとかやるしかないけど。自分が辛くなってはしょうがないので無理せずがんばるよ~ありがとうね(*^^)v

にゃっほー!O(≧∇≦)O

こんちゃ!(*^^)v プチおヒサです(^^ゞ
母上がいらしてるんですね。
久々に一緒に暮らす感じですか?色んな意味で新鮮なんじゃ?
自分が副作用で老人のようになってしまったから良く分るんだけど、もちろん階段もきついし、ペットボトルや缶も開けられないし、1つ1つが本当に大変なの。
自分に対するもどかしさもあるから、親子だと当たってしまう事も必然だと思う。
色々と大変でしょうけど、やっぱ親子だから本音も言い合えるし、そこから知る事もいっぱいあると思うので、無理せずボチボチ頑張ってね!
ツイで、barBAR東京の写真を見た時に、
あー!行ったのねー!おいらも行きてぇー!って思ったのよ~
携帯からだとツイが面倒で(笑)なかなかコメ出来なかった~
アウグスビールは、August Beerと書くので、8月生まれの私は嬉しくて
ついついオーダーしてしまうのでした(^^ゞ
また、あそこで〆のビールを飲んで「またね!」と言って帰らなくっちゃ!
その時は絶対に付き合ってね!(^з^)-☆Chu!!

ちなつちゃんへ

おひさ~(って、ツイでは今日いっぱいつぶやいたけど(*^_^*))
そうなの、13日から母上京してます。
今回長期滞在でこっちの病院でのセカオピやらしたいと思ってね。
母も慣れない環境でストレスも溜まるだろうしね、わかってるんだけど、やっぱりイラっとすることは止められない(笑)
ほんと自分の気持ちをうまくコントロールしながらやっていきますね。ありがとうヾ(*゚ェ゚*)ノ
ちなつちゃんも副作用で辛そうだよね。なんとか軽減されるといいんだけど。
ほんとにリフレしに行きたいわ~
barBAR東京に静岡の姐さんをぜひちなつちゃんの好きなお店に連れていきたかったの。
ちなつちゃん見たら酷かな(゚Д゚;)って思ったの。ごめんね。
でも、また絶対一緒に行きたいからね!
あのバーの奥にYEBISEBarもてきてたのよ。
なので両方行こうね(*^-^)ニコ

親の事

お母様、わっこさんの顔見られて、安心している事でしょうね。
うちに一人高齢者いるから、大変さはわかるよ。いろんなペースが合わないから、何もなくてもイラっとするしね。
難しい事が多いけれど、後で後悔はしたくないから、一緒に居ます(^_^;)
無理せず、ストレス貯めないようにしてください。
お母様にとって良い病院がみつかりますように。

へー太郎さんへ

ありがとうねヾ(*゚ェ゚*)ノ
へー太郎さんの場合、義理のお母さんになるから実母とは接し方が違ってくるよね。
それにずーーーと一緒に住んでるでしょ?
私なんかのストレスよりも全然多いと思うし、姑と一緒に住んでることからして私からしたら尊敬させていただきたいです。
年取るとどこが悪いのかわからなくならない?(笑)
原因は何?って医者に聞いても検査の結果には特に異常なしと出るの。
だけど、疲れやすい眠れない、食欲低下、、、
この状態から解放されたいみたいだけど、高齢者にとっていつでも元気!なんてことないよね。
原因を見つけたいと母は思ってるみたいだけど、、、
原因は精神的なものだとわかってるんだけどね~
納得いくまで調べてあげたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。