--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/17

その後

地震から明日で1週間ですね。
今日は東京もかなりな冷え込みでした。
被災地は雪も降り、氷点下になってるとか。
全国から寄せられた物資は仙台まで来てるけど、そこからの輸送ができていないらしいです。
一刻も早く暖かい毛布に包まれ、温かい食べ物を食べらるよう願うばかりです。

福島の原発はいまだ不安な状態が続いています。
巷では「日本は危険」「脱出した方がいい」という風評が流れています。
現に日本にある大使館では東京から関西へ事務所を移したとか、外交官の家族を日本から一時退避させるらしいです。
原発の専門家が言ってましたが、東京も大阪も同じレベルだと言っていました。
そしてヤフーニュース(3/17朝)では東京などでは放射線量は低下し健康には影響がないと言っています。

いろんな噂に惑わされず正しい情報に従うだけです。

地震が起こってからのその後ですが、、、

次の日は知り合いの安否確認のメールに追われました。
みなさんの中にも御親戚やお友達、お知り合いの方いらっしゃるでしょうね。

仙台にいる高校の友達、12日の昼にメールの返信がきました。
家の中はめちゃくちゃだけど、家族みんな無事だったと聞いて安心しました。

従弟も仙台にいます。
今日弟を介して家族が無事であることを知りました。

郡山の叔母家族、特に連絡は受けていませんが無事だと思います。たぶん(^_^;)

父の従弟、仙台在住、連絡のすべがないのでわかりません。

短大時代私は寮に入っていました。
その時に宮城・岩手・福島の子たちがたくさんいました。
卒業してから付き合いがないのですが無事でいることを願っています。

バイトに行っている先の社長の奥様は岩手遠野のご出身らしく
御親戚も今回の陸前高田や釜石にいらっしゃり被災されたそうです。
残念なことにお亡くなりになられた方もいらっしゃるようです。
そして、社員の中にも奥さんのご両親が仙台で昨日まで連絡が取れていませんでした。
でも、ご無事でいらっしゃるようです。
仙台でも被害はないけれど停電と断水で被災地と同じような感じだと言っていたそうです。
そして意外に千葉の浦安一体が液状化状態でひどいそうです。
TDLなどの駐車場が液状化してるみたいで当分無理そうではないかと言っています。

さて、14日から電気の供給不足で計画停電は東京でも始まりました。
そして今も続いています。
エリアになってる方は1日3時間の停電を余儀なくされてるんですよね。
実は私が住んでいる区とバイトに行ってる区は停電の対象になっていません(今現在は)
なのでなんら通常と変わらない生活ができているのです。
でも、それだからと言って今まで通りに電気を使おうという気にはなりません。
停電がないなら節電です。これぐらいしかできないから。
今までコンセントから電気器具を抜くことがあまりありませんでした(いけないね(^.^;)
今はほとんど抜くようにしています。
会社でもトイレの電気は使う時につけるとか、小さいことからやっていくしかありませんね。

それにしても町のスーパーからインスタントラーメンや電池、トイレットペーパーが消えています。
ホントにないんですよ~
この原因はすべて「買いだめ」ということだそうです。
日本人は世界の国々からこの状況下でも暴動も起きず冷静でいると称賛されてますが
でもこういう集団心理での行動はどうもいけませんね。
東京は十分食べ物あるんですよ。
野菜・肉・魚も十分ありました。
確かに停電したら料理を作るのも大変ですけど、停電前にいろいろ済ませておけば
インスタントに頼ることは特にないと思うんですけどね。
自分だけのこと考えないで痛みはみんな平等に受けようよ!と言いたいです。

先日秋田の友人から電話がきました。
秋田も計画停電の中にあって、灯油・ガソリンがホントに少ないそうです。
東京よりはるかに寒いのに暖房器具なしで過ごすのはホント大変だろうなと思います。
そして食べ物でも肉などがあまり入ってこないらしいです。

実は21日さいたまアリーナでコンサートがある予定でした。
もちろん中止になりました。
今回アリーナ席で結構前の席だったのですが。
しょうがないですよね。。。。振替られるのか中止になるのかわかりませんが
次のライブを楽しみに待ちます。

実家の話になるのですが、
地震が起こる1時間前に弟からメールで「母が入院した」知らせを受けました。
重篤ではなく以前発症したリウマチの再発です。
実家近くにいる叔母が病院に連れていき、入院の手続きをしてくれました。
そして次の日が土曜日だったので私と弟は実家へ帰るつもりでいました。
その1時間後にあの地震が起こりました。
その夜から叔母とのメールもつながらなくなり、次の日の夜やっとつながりました。
秋田も1日半停電があり、電話と携帯もやっとつながったということです。
ある意味、その日病院に入院してくれててよかったと思います。
暗い家の中に一人でいるのはきっと心細かったと思いますから。

土日は東北地方への電車はほとんど運休ということで今回は叔母にお願いすることにしました。
母とは火曜日に病院へ電話をかけ話すことができました。
リウマチの方はだいぶよくなったそうで声も元気でした。

一応、明日ですが秋田へ帰ってこようと思います。
上越新幹線は通常通り動いているので、新潟まで行きそこから羽越線で地元のある駅まで行きます。
トータル5時間半ぐらいはかかりますね(^.^;
飛行機の場合は空港からのアクセスが悪いので使いにくいのですよ。
この時期あまり動かない方がいいと思うのですが、やっぱり母の顔みないとなと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

気をつけて

行ってらっしゃい。

我が家も青森の親戚一同連絡取れずにいましたが
ポツポツ連絡取れてほっとしてます。

お母さん入院されたという事で大変ですね。
明日顔見て安心してくださいね。

この一週間夢の中の出来事みたいですが
現実なんですよね。
乗り越えるものが多いけど挫けずに行こうね。

気をつけてね

まだ余震は続いているので気をつけて
行ってきてくださいね。
懐中電灯とペットボトルと
ホカロンを持っていったほうが安全かと。

お母さん、きっと、わっこちゃんの
顔みたら喜ぶね!

もう、お母さんと会えたかな。

長時間の移動、大変だったでしょうね。

やっぱり家族に会えるとホッとすると思う。
買い物できたのかな?

余震には用心してね。

ほっこ君へ

ただいま~
20日に飛行機で帰ってきました。
秋田・山形新幹線が動いてないので、3連休の中日でも飛行機は満席でした。
青森の御親戚と連絡ついてよかったですね。
青森もそれなりに被害に遭ってますものね。
母のリウマチも点滴と飲み薬でだいぶよくなっていました。
最初は歩けないぐらいだったみたいですけど
杖とついて結構しっかり歩いています。
9日過ぎて救出されたおばちゃんと孫さん
人間の生命力ってすごいですよね。
時間はかかるけど絶対復興できますよ。信じてます。
被災に遭ってない者は少しの不便ぐらい我慢するのはなんでもないです。

詩乃さんへ

ただいま~
余震は続くね。
携帯用の懐中電灯は持って行きました。
電車が途中で止まっても大丈夫なように
水と食料はちゃんと持っていったよ(*^^)v
母は薬でだいぶ痛みもとれて元気になりました。
もうちょっと完全に痛みが消えるまで病院にいてほしいと思います。
病院は快適らしいです(*^_^*)
ありがとうね☆

ふううままちゃんへ

ただいま~
20日に帰ってきました。
帰りは飛行機だったので楽でした~
母は薬が効いて結構元気でした。
東京のスーパーも少しずつ元に戻ってきそうな感じです。
みんな「買いだめ」をやめてくれたのかな?
普通に自炊してれば全然食事に困りません。
震災が起こる前に少しずつ非常用のものは用意しとかなきゃと
改め思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。