2007/02/20

2007.2.13入院初日Part1

入院当日はお天気もよくよかった。
病院は車だと近いのだが、電車を使うと結構遠回り。
その日は入院で荷物あるので、最寄の駅まで奮発してタクシー
こんなちょっとの距離でもタクシー代に躊躇してしまうあたり・・・小市民だー^_^;
タクシーを使ったので思ったより早めに病院へ着いた。

AM10:45 入院手続き
提出書類を出し、入院完了!
部屋は差額ベット0円を希望していたが、空きがなく1泊5,000円のベットへ(TV・冷蔵庫使い放題、電動式ベット)
そのまま、9階の病棟へ行く。

AM11:00 乳腺科病棟へ
9階は乳腺科病棟、ピンクリボンの絵が書いてある。
看護師さんが部屋へ連れて行ってくれる。
4人部屋ですでに一人の方が来ていた。
大学生の娘さんと荷物の整理をしていたので、挨拶をする。
50半ばぐらいの優しそうなお母さん。
私のベットは窓際で景色がよく見える。
やはり9階からの眺めはいいなあ~。
11階以上はある意味「天国に近い部屋」らしい・・・・・。
20070217180426.jpg
(↑私の向かいのベット)
さっそく荷物の整理をし、着替える。
初日は検査があるのでパジャマではなく部屋着にした。
パーカーとジャージ。
次の日から病院のパジャマを借りることに。
カーディガンとかジャージ素材の上着を持ってきたが、
病院内とっても暖かくというか暑く、上着がいらない。
結構、みんなパジャマのみでウロウロしてる。
着替えると2月13日の日中の看護師さんが挨拶にきた。
手首にIDカードをつける。
そして、体温と血圧・身長・体重の測定。

PM12:00 昼食
12時過ぎにお昼が運ばれてきた。
夫もいたので、食事をデイルームで食べることにした。
デイルームはお見舞いに来た人と一緒に食事ができたり
イベントをやったりするフリースペース。
とても明るく、開放的な雰囲気だ。
レンジやオーブントースターもあり自由に使える。
その日のメニューは
【白ご飯、ウインナーとたまねぎのコンソメスープ、マカロニグラタン、温野菜(フレンチドレッシング付)バナナ半分、ほうじ茶】

20070217180412.jpg

味は悪くなかった。
ただ、あんまり食欲がなかったので半分ぐらいしか食べれず。
夫が残りを食べる。
どれぐらい食べたか書くチェック表があったが、10段階のうち「5」

PM13:00~ 入院オリエンテーション
夜7時半から主治医の術前の話を聞くため、夫はもう一度病院へ来てもらうことに。
夫は仕事明けでそのまま来たので、一旦帰って眠るという。
寝過ごさないようにと、伝え別れる。
13時よりミーティングルームにて「入院のオリエンテーション」が始まった。
参加人数は6人。
たぶん明日(14日)に手術を受ける人達だろう。
その中で私は最年少だった。
オリエンテーションはこれからの検査のことや、術前の注意や手術当日の事など看護師さんが説明してくれた。
20分ぐらいで終わる。
その後、各部屋で尿の検査の説明。
部屋のトイレには尿を計る機械が備え付けてあり、尿をビーカーで採ったら自分の名前が書いてある所を押すと、蓋が開き尿を入れると、自動的に尿の量を測定してくれるというのだ。
そのデータは自動的にナースステーションのパソコンに入る。
それを見て患者達は「へえ~へえ~」の連発。

PM14;00 センチネルリンパ検査(注射)
14時になると、看護師さんに「センチネル検査の注射してきてくださいね」と言われる。
骨シンチ検査以来の核医学検査室 B1の一番奥の部屋
ホント人里離れた場所にあるので、ひんやりとしてる。
私の順番が来てベットに横たわる。
看護師さんは「ちょっとチクッと痛いですけどね、がんばってください」と。
しかし、注射をする先生が
「とーーーっても痛いですよ。この入院期間中で一番痛いかもしれないよ」と冗談なのか、なんなのかわからい感じで言う。
先生の年齢、かなり若僧・・・いや失礼・・・若先生だった。
「痛くで泣く人もいるしね」と、更に追い討ちをかける。
覚悟して注射針が刺さるのを待つ。
「うっ!痛~い(>_<)ホント痛いです~あぅ~」
看護師さんが「ゆっくり息はいて~」と。
そして「4箇所刺すからね。はい、これが最後」
もう、4度目には手に汗握った。
注射が終わった後先生は薬を散らす為に1分ほど注射をした部分を揉む。
これがまた痛かったーーー。
今までの検査でほんと一番痛かったよ。
あの若い先生嘘はついてないけど、あんな言い方しなくても・・・ちょっと変わった先生ぽかった。
きっと「痛くないですよ」と言って、患者に「痛いじゃないのよ!」と突っ込まれた経験あるのかなー。
センチネルの撮影は1時間後だ。

linehappa.gif


弟がさっき帰りました。
結局3日間いました。
昨日は、お昼から会社の後輩と銀座で会ったり、夜から大船にいる下の弟の所へ泊まりに行っていました。
そして、今日お昼頃また帰ってきました。
弟にしたら充実した東京滞在だったみたいです。
でも、すごく心配してくれてるのがわかりました。
「ま、ゆっくり治せ」と言って帰っていきました。
こっちはあんたがずっと一人でいるのが心配なんだけどね~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。
その後体調はどうですか?ちょうど術後1週間ですね。

病室結構広くていい感じ。そっか~、差額ベッド代5000円なんだもんね。
お食事結構おいしそう! 献立が若い人向きって感じがするなぁ~。
センチネル、痛かったのね、、私はやってないので、わからないけど、
大変でしたね。
でも、そのお陰でリンパ節助かったから良かったですね。
弟さんとも会えてよかったですねぇ~。
みんな人のことが心配なのね、よく理解できます。笑

退院後、どうかな?
疲れは出ていませんか?

入院した部屋、金額はちょっと高いけど、さすが、いいお部屋だったのね。
テレビ、冷蔵庫使い放題・・・すご~い!
私は大部屋だったから、なんか落ち着かなかったの。
テレビは、カード式、冷蔵庫は別の場所にあって、みんなで使ってたの。
入院して、一晩寝たら、個室に移動した人もいたよ。
合う、合わないって、あるのね。
食事も、美味しそうだね。
そういえば、私も入院した初日の夕飯は、ほとんど食べることができませんでした。
メチャ、暗かったわ(><)

私にも、弟がいるの^^
5歳違いです。
時々、お嫁さんと一緒に遊びに来るよ。
弟とは、病気してからの方が話すようになりました。
なぜかな^^;

よつばさんへ
こんばんは!早いもので1週間経ちました。
退院してきた時よりも腋のつれが痛い気がします。
傷はほとんど痛みはないですが、周辺がヒリヒリするというか・・・。
傷が再生してるんでしょうね。

病室は4人部屋でしたが、一人分のスペースはわりと広めでした。
0円部屋は空いてないんですね^_^;
この日の食事は洋食でしたが、次からメニューを自分で選べたのでほとんど和食にしました。

センチネルの注射痛かったですよ~
マンモの次に痛かった(;O;)
弟は結局3日いました。
GWには実家で会えますが、その前に顔を見せられてよかったです。

かこさんへ
こんばんは!
手術から1週間経ちました。
ちょっと腋が引きつる感じで、ヒリヒリしてます。

小さい冷蔵庫がついていましたが、別になくても不便じゃなかったかなー。TVは楽でした。
4人部屋でしたが、一人分のスペースが広かったし、周りに人がいても気にならなかったですね。
みんなオープンにカーテン開けてたし。

食事はメニューを選べるシステムだったんです。
なんか画期的だーと思いました。
手術後1日目の夜ぐらいから少しずつ食欲でてきました。
結構、ご飯の量が多くていつも残しちゃって、ごめんなさいって感じでした。

かこさんも弟さんいるんですね。
年に1回ぐらいしか会わないですが、やっぱり兄弟がいると心強いと思いました。