2007/02/11

お見舞い

今日はお天気がよかったけど、とっても風が冷たかったなあ。

朝10時頃、弟の嫁(義理の妹)からメールが入る

「朝3時起きで千葉の犬吠崎へ日の出を見に来ています。帰り寄ってもいい?」

「あんたたち、何をしてるの???いいよ」

昨日電話で話したばっかりだった。

あの人たちは何をしてるんだーと思いながら、

部屋のかたずけをいそいそし始めた。

実は入院することもギリギリまで言わないでいた。

私には弟が二人いる。

長男は岐阜で一人暮らし(うぅぅ。40過ぎて独身なんですが・・・)

次男は横浜の栄区というところで家族3人で暮らしている。

入院することを、最初は一応長男に言い、次は次男へと思っていた。

私が言う前に長男から電話をもらってたらしい。

11月に義理の妹が姪と一緒にうちへ遊びに来たときも「乳がん」のことは言わないでいた。

ただ10月にしこりを摘出したことは言ってあって「なんともないよ」と言っていたのだ。

弟は「じゃー。あの時は癌って告知されてたの?何にも言わないんだもんなー 女優だなあ」

「いやいや、ホントは最後まで言わないでいようと思ったんだけどさ。そういうわけにもいかないでしょ」

朝メールが来てから1時間半ほどで近くのショッピングセンターで待ち合わせ、お昼を一緒に食べた。

弟「準備できたの?ま、準備と言ってもねえ」

私「ま、こんなことになってしまったよ~えへへへ」

どういう状態なのかは昨日の電話で話してあったので、特に説明もしなかったけど、入院のとき持って行くものとかの話しをしていた。

私「あ、ティッシュ買わないといけないんだ。いいやつ買おう」というと。

弟「ローションティッシュうちいっぱいあったんだー。持ってくればよかったね。」

弟はドラッグストアやスーパーにそういう日曜品などを卸す問屋の仕事をしていた。 

そしたら「ま、これで高級ティッシュでも買ってよ」とお見舞金を渡された。

「いいよ。そんなお見舞いなんて。乳がんの場合5年、10年なんともないとわかって初めて快気なんだよ。
こういう長い治療を行なう場合は返さなくていいらしいから返せないよ」と言うと。

「そうそう、そういう場合はお見舞お礼っていうんだって。デパートでバイトしてて教えてもらったよ。あっ、でも返さなくていいからさ」と義妹。

弟夫婦にはサロンをオープンした時も「お祝」をいただいていた。

いつも気をつかわせてしまっている。

でも、姪に遅ればせながらお年玉をあげたけどね。

実は金曜日会社を出るときに社長に呼ばれお見舞金を渡された。

会社からと社長個人から。

いくら快気祝い返さなくてもいいと言っても、「お見舞お礼」はしなきゃいけないよね~。

2,3人の友達もお見舞い(そんなに知らせてないけど)に行きたいと言ってくれてる。

さすがに友達は現金をお見舞いに持ってくる人はいないと思うけど、退院したらお葉書ぐらいでいいのかな~。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お見舞いのお返しって、ちょっと悩みますよねー。
私も結局、「快気祝いなんてまだとても言えないけれど、
気持ちってことで。」と、それぞれ頂いたものなどを考慮して
ちょっとしたお礼をしちゃいました。
でも3月に手術して、それらのことが済んだのは年が明けてからだった。
ははは。

私はね、お見舞いを現金でくれた友人には、それなりに返したけど、お菓子だけ(ケーキとか)は、葉書きを送ったの。
お見舞い返しって、いろいろ気を使うよね。

私は、抗がん剤治療が始まるかもだったから、その前に送ったの。バタバタして、ちょっと大変でした(^^;)

シロクマさんへ
そうなんですよ~。
やっぱりもらいっぱなしというのは、気がおさまらない感じなんですよね~。
自宅療養してる間にネットで探そうかな~と思ってます。

かこさんへ
現金でいただくとそれなりにお返ししなきゃと思いますよね。
病院はどこもそうーだと思うんですが、個室じゃない限り、お花は飾れないと書いてありました。
お見舞いに来てくれる人に「花は持ってこないでー」って言えないし・・・・。
せっかく持ってきてくれたのに返せないですよね。
ま、こんなこと考えてもしょうがないんだけど^_^;