--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/07

2007.2.6 MRI検査と手術日

昨日は、超音波検査とMRIとクリニカルパス(入院の説明?)と主治医の話があった。

エコーは何度もやってるので別にどーってことない。
でも、やってる途中左の傷のところで技師さんが何度も見ている(エコーを同じところで動かす)そして、触診したりしている。
え!なんかあるの???
ちょっと不安になる。

MRIの検査。
同意書まで書かされるんだから何かあるかもしれない。とちょっとドキドキ。
点滴の針を刺され、前の人が終わり、すぐ部屋に通された。
胸の形に切り抜かれたボードみたいなものがベットにあり、そこにうつ伏せに寝るという。
そして、動かないようにベルトで留められた。
なんともないのに、ちょっと緊張してきた。
音がすごいからとヘッドフォンをつけられた。
ヘッドフォンから流れてくるのはクラシック。
あんまり聞こえない。
それ以上にすごい音だったから^_^;
途中「造影剤を入れますから、何か違和感あったら左のボタンを握ってください」と言われた。
造影剤を流されると、冷たいものを感じた。
そして、少し暑くなってきた。
すると、なんだか動悸が早くなった気がして。
「いけない、また過呼吸になっちゃうよー。」
落ち着け、落ち着け、ヘッドフォンから流れる音楽に集中しようとした。
するとだんだん落ち着いてきた。
MRI検査は15分ぐらいで終わった。
終わった後、看護師さんが「大丈夫でしたか?」と気を使ってくれた。
「大丈夫ですよ」と言って検査室を出た。

MRI終了後は主治医の診察。
前回3時間半待ちだったので、一応覚悟していた。
そしたら意外に早くに呼ばれた。
3時の予約で3時45分だもの。

先生と会うのはこれで2回目。
開口一番「MRI大丈夫でしたか?」
「はい、大丈夫でしたよ」
ま、マンモの時ぶっ倒れたから、緊張してまた倒れると思ってたかも。
「すごい音なんだよね。工事現場なみに」
「はい、ヘッドフォンさせられましたけど音楽はあんまり聞こえなかったです」
ま、ご挨拶はこれぐらいにして、
超音波検査とMRIの検査の結果を説明してくれた。
超音波で技師さんが何度もエコーを動かしていたところは、やはり影になっていたみたいだ。
でも、それはMRIの方では映っていなく、しこりを切除しその傷が映っているということだった。
脅かさないで~^_^;

手術の方法と治療方法は前回も聞いていたが、また確認のために同じようなことを説明された。

でも今回先生は
「これぐらいのものならガンの広がりもないしリンパにも転移はないだろう」と思ってるだろうけど、
はっきりとしたことが言えないみたいないいぶりだった。

部分切除で行なうと言ってるが、「手術中広がりがあったらその場で全摘するか後日やるかというのは一応決めておいた方がよい」ようなことを今回は言われた。
患者にあまり期待をもたせないように言っているんだろうな~。
医者も言動には気をつけなきゃいけないと上の方から言われているのかもしれない・・・。
最近、余計な事を口走ってしまう人がいるからね。

手術方法も大事だが、一番聞きたいことは手術日ですよー。
と、思っているとやっとそのことについて話してくれた。
前回(1/9に)の診察の際にはMRIの検査をしてから1週間ぐらいじゃないかと言われた。
そして、昨日言われたのは

「20日過ぎじゃないと無理かもしれない」と。
「えー。そうなんですか?」
「私は2月末まで一杯なんですよ。でも、前に話しましたが、患者さんを待たせるよりは他の医者にお願いする場合があります。手術の方式とかは病院で統一されてるから大丈夫ですよ」と言われた。
ま、先生とも2回しか会ってないし、執刀医が別の人でも私は別に構わないと思っていた。
先生を待って、3月にずれ込むよりいいかなと思っていた。

そしたら、なんだか先生も雑談めいたことを言い始めた。
「乳がんの患者は年齢的に40代後半から50代前半までが一番多く、次が60代次が30代後半から40代前半、そして30代前半なんですよ。
で、病院に来る患者は初夏から夏に向けて一番多い。
そして2月は一番少ないですよ。それはね、年齢的に40代後半から50代前半の方は、受験生の子を持っている人が多く、自分ではもしかしたら乳癌じゃないかと思っていても、子どもの受験が終わらないと自分の事は二の次になってしまうんですよ。
そして、無事合格し家庭訪問なども終わった6,7月頃やっと自分の事に目を向けることができるということですよ。だから夏はものすごく多いよ」

「そうなんですか~」
ココからは独り言(病院も2,8は商売あがったりなんだなー。あっ!でも、8月は患者が増えてるんだからそうとも限らないのね)
今でもこんなに人が多いのに、夏場どうなるんだよーと思ってしまう。

長くなったので続きは後で・・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

先生のお話ためになりました。私は一番多い帯の中に
入っているわけかぁ~。
うーん、でも、病院へ行ったのは秋だった…なぁんて
おもいました。
しかし、今すいている時期でも、手術がいっぱいだなんて、
すごいですねぇ~。
20日すぎだったらすぐですね~。
待っているときが一番いやですよね。

wakkoさん、おひさー!
ご挨拶が遅れました。退院して10日ほど。まだ辛いよ!
わかんないままに、あろまにはまった術後。タイ式にはまって、けど、好奇心で、昨日台湾式にトライ!体巡り茶と、同じ会社の漢方処方なんだけど、こっちもいい!私には、今必要なセラピー。それが、アロマと人の手の癒しです。
あなたも、手術を終わられたら、きっとまた、癒す人として、活躍されるのね。
手術は、終わるまで、ホントの範囲が解らないのが不安でした。術後は、手術室で、乳頭がどうなったかを聞いたわ。
いのちが一番。解ってるけど、出来たら残したかった。まだまだ、長いたび。どうぞ、よろしくね!
あなたも、望みが、かないますように。

v-22よつばさんへ
私も夏に検診して結果が来たのは8月。
それで、9月に行ったんですよね~。
実はこれから日記アップしますが、手術日が・・・
決まったんですよー、もう、来週です^_^;

v-298ちこちこさんへ
お久しぶりで~す。
退院してもう10日も経ったんですね。
いつもブログを読ませてもらって勉強になってます。
いろいろなマッサージ受けに行ってますよね。
私も勉強のためにもサロンめぐりしたいな~。
癒す人・・・・おしつけにならないようなトリートメントをしたいなと思っています。
ホント長い旅ですよね~。私も前に進んでいきます。
これからもよろしくです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。