--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/10

2年検診マンモ編

昨日、実家から帰ってきました。
相変わらず雪国でした(当たり前か・・・)

今回も父の件で帰りました。

落ち着いたらまた、そのことは記事にしよと思いますが・・・・・

マンモ検査やその他諸々のこと、実家へ帰る前に少し下書きしてたのですが、アップする前に
実家帰ったので、遅くなりました!


マンモグラフィーの痛みに耐えられない人のために

今後痛みを伴わずに、精度の高い検査の機械が発明されるのを切に願います


婦人科検診が終わって外待合室に出たら、夫が待っていてくれた。
この日、夫は休みだったの。
で、お昼を一緒に食べようと病院で待ち合わせ。

盛りだくさんの検査も残すところマンモのみ。

2年前(正確には3年前かな)に初めて受けた時のマンモの痛みの衝撃に私はびっくりした。

痛みって人によって違うというけど、私はかなり痛がりなんだと思う。

初めて受けたマンモでかなりトラウマ的になって、去年は術後初めてのマンモがビクビクだった。
でも、技師さんが上手だったおかげで2年前のようにはならなかった。

今年も受付を済まして、順番が呼ばれるまで余裕♪みたいな感じだった。

いざ、技師さんに呼ばれる・・・・・「なんか技師さん若いな~もしかしてあの時(2年前)の技師さん?」と思いながら中へ入る。
この時から、2年前のいやーなことが思い浮かんでいたのよね~

まず右胸から。。。。。
「あー痛い(>_<)」と小さく声を漏らす。
技師さんが「すみません、ちょっと我慢してくださいね~大丈夫ですか?もう少し押しますよ~」と

自分の痛みの限界ギリギリでがんばる。
正面からそしてサイドからと2回。
まだこの時点で大丈夫。

そして恐怖の術側 左。
この寒い時期、ただでさえ痛みがあって、ちょっとぶつかるだけでウっ!と悲鳴もの。

右側をやって少し時間をおいてもらった(1,2分?)
そしていざ硝子板の上に胸をのせる。
この時すでに乳房下の骨があたって痛かった。
体勢を整えてもう一度のせる。
なんとか挟んで正面からの撮影を終えた。
右側の非じゃないくらい痛かった。
終わった後、「ハーハー」と息遣いが荒くなる。
すぐに側面の撮影はできなく、また休ませてもらった。
「よし、がんばれ!」と自分に言い聞かせながら、左胸をガラス板にのせる。

なんだか目の前チカチカしてきたぞー  やばいかも。

ここで無理すると2年前の悪夢のようになってしまうと思い技師さんに
「すみません、ちょっと気持ち悪いんで少し休ませてください」と言ってみた。

すると「大丈夫ですか?ちょっと5分ぐらい休んでてください、今ちょっと他の撮影してきますから」と。

その間、私は上半身裸のまま椅子に座り待っていた。

こんな時のためにフラワーエッセンスの「レスキュー」を口に含んだ。

しかし、、、、効果がでず。

技師さんが戻ってきて「今度は大丈夫だろう」と思って立ち上がったら余計ひどくなってしまった。

すると技師さんが「ちょっと休んでからしましょうか?ベットで休んでください」と言って、検査室の奥の方の薬の保管場所みたいなところのベットに寝かされた。

冷や汗が出ていたので空調がとても心地よかった。

「また、やってしまったか、、、、」

「どうしてこうなるんだろう。。。。」

「はぁ・・・・・・・」

技師さんの後に看護師さんも血圧を測りに来てくれた。

「マンモに苦手意識があるのかなあ」って。

「はい。。。」その通りですよ。

血圧は低くないんだけどね。

20分ほど休んで最後の一枚(側面)をやっと撮り終えたのは、検査室に入って45分後だった(:_;)

待合室の夫に「また、やっちまったー」って言ったら、「やっぱりね」だって。

「マンモ 痛み 貧血」で調べたら、同じような方いましたね~

私だけじゃないんだよーーーー。

あと、たぶん技師さんの圧迫のスピードなどが関係してるみたい。

去年の技師さん、、、、来年はご指名したいわ。

検査はこれで終了。

最後にマンモにしといてよかった。って、こういうことが少しでも予想されたからそうしたんだけどね(^_^;)

この後、初めて病院のレストランで食事してきました。

病院の中にあるレストラン、わりときれいなんですよ。

病院仲間が前に紹介してた、「オムライス」を頼んでみました。
夫は日替わりランチ「レインボーランチ」なるものを頼みました。

200902021238000.jpg  200902021239000.jpg

レインボーランチって?豚肉をリンゴのなんとかで煮たものらしいです(^_^;)

オムライスはふわとろの卵が上にのっています。

お味は うーん、可もなく不可もなく・・・・・。


病院内では結構広い多目的スペースがあります。

グランドピアノなど置いてあって、コンサートとかもやるんですよ。

その一角の壁にこんな年表が飾ってありました。
200902021302000.jpg

病院の前身になってたものって今から100年も前からあったんだーと感心しました。

明治の終わりから「癌」の研究がされてたなんて。

昔も癌があったけど、それが何なのかがわからなかったんでしょうね。

今後の更なる研究を願います。

この日は、有休もとってあったのでゆっくりとすることができました。

そして前から観たかった映画「マンマ・ミーア」を観てきました。

P1020443.jpg P1020444.jpg

アバの曲が最高です。(あの頃 中・高校生でしたね~)

チキチータにブーレーブーなんて、ホント懐かしい

スクリーンの前で踊りだしたくなります(笑)

持ってたアバのアルバムの曲がほとんど挿入歌だったの~

それにしてもメリル・ストリープはすごい!今年還暦とは思えないわよ~

ま、ストーリーはさておいて(笑)

盛り上がれる映画でした~

ディギンザ・ダーンシングクイーン

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れさまでした

マンモで貧血になっちゃうなんて・・・。
辛かったですねー@@@
ホントにお疲れさまでした。
術側は痛いよね~。ワタシも泣きそうになります。

でも、ダンナさまが一緒で良かったね~。
安心していられるもんね。
ランチに映画、検査後のご褒美もあって、なによりでした(^-^)

ご苦労様。

やっちゃったのね(⌒-⌒;)でも旦那様いてよかった。

絶対技師によって痛さは違うよ。
今の病院はあまり感じないけど 以前定期健診していた時
巨乳でも泣けた事あるよ…wakkoちゃんもあるのにねぇ~。
ちょっとトラウマになっているのかな
痛くない検査になってもらいたいね。

病院のレストランお洒落でうらやましいわ。

大変だったね~。
ほんと、技師の経験や配慮によってずいぶんと違うよね。私も何回もやりなおされたことがあって、そのときは不運をのろったわ。

先日会った新患さんも、技師が見習いみたいな若い兄ちゃんで最初から不安だったけど、案の定、痛かったって。おまけにせっかく撮ったのに、よく映っていなかったからと両側撮り直しで、ショックだよねえ。

ABBA、どうしても自分で歌っちゃう! ブロードウェイでミュージカルも観たんだけど、みんな立って歌ってたよ。

検査、お疲れさま~!
しんどかったね(T^T)
やっぱさぁ、マンモは技師さんの腕もあると思うよ~
違う病院で慣れた人にかかったら、痛いのはホントに一瞬だったもん!
最初にやった時間の1/20ぐらいの時間で終わったの。
次回は、ベテランでお上手な技師さんにあたりますように!

マンマ・ミーアは、劇団四季の公演を数回見に行きました!
日本人で日本語なんだけど、耳慣れたアバの曲で、最後はみんなで
立って踊って盛り上がるのだ~!
映画も楽しそうだね!(^^)v
あ~、懐かしいわ~(#^_^#)

ちょっとご無沙汰でした~

2年検診お疲れ様でした^^
マンモはやはり相当大変だったみたいですね。
wakkoさんの記事を読んでると
私の胸もなんだか痛くなってきたような・・^^!
ご主人が付いてきてくれていてよかったですね。

私も最初が痛すぎてトラウマになっていたんですが、この前の1年検診は案外楽に終わりました。
でも来年も痛くない保障はないので、油断しないようにしなくちゃ、笑

結果がよければ、痛みの辛さもいくらかは報われる
のでは?2年目、無事クリアとなりますように!

こんばんは。

しんどかったね―お疲れ様でしたぁ。

左側の術後痛、けっこうあるんですか~?
私も昨年までは術後痛に悩まされ、シャワーすら痛かったけど、今は処方されたビタミン剤だけで結構解放されていますよ―。日常生活のちょっとした事が恐怖っていうの辛いですよね・・・。

お父様の件もお疲れ様です!!
ご実家が離れていると何かと大変ですよね。
ご主人と映画デートで日頃の疲れを発散だね~。
スクリーンの前で踊るのは
やっぱ・・・・フラ?
ダンシング・クイーン♪♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。