2008/01/19

不運は続くよどこまでも~♪

いったい今年はどんな年になってしまうんだろう。。。。。

今日は朝から友達がホットストーンを受けて、午後から従妹も同じホットストーンを受ける予定になっていた。

友達の施術が終わり、一緒にランチして、友達と別れたら夫から電話。

「今病院から電話でじじ(義父)が、運ばれたって」と。

「えーーー。何?倒れたの?」

「詳しいことはわからないからこれから病院行ってくる」

「じゃー私も行くよ」と、従妹に電話して事情を説明し、今日のセラピーはキャンセルにしてもらった。

家に戻って詳しく内容を聞いても、とりあえず病院にいってみないと、ということだった。

一応、パジャマとタオルなどをバックに入れて持って出た。

病院は秋葉原なので(なんでそこへ運ばれたかわかんないけど。。。)うちから30分ぐらいだ。

病院に着くと義父が搬送された病棟はICU

一瞬ドキッとしたが、緊急で入院した場合そこへとりあえず入れられるみたいだ。

義父は点滴されながらも元気だった。

話を聞くと、2,3日前から調子が悪かったが、そんな寝込むほどではなかった。

でも、今朝ちょっと心臓のあたりが痛いので行きつけのクリニックに行ったら、

「心筋梗塞」の数値が上がっていたので、医師があわてて、大きな病院へ行くように手配をとったらしい。

別に歩けないわけじゃなかったけど、そのクリニックの医師が救急車を呼んで、秋葉原の病院へ搬送することになったそうだ。

義父も救急車に乗るのは初めてだったと言っていた。

主治医の説明があり、一応心筋梗塞の疑いはなかった。

でも、腎臓が相当悪くなってますねと。

実は年末に風邪をひいて、寝込んだあたりから調子が悪く、病院へ通っていたら、腎臓の方が悪くなっていたらしい。

正月明けも腎臓の専門病院へ紹介され、精密検査を受けたら結構悪くなってたみたいだ。

ずっと、糖尿病を気にしてそれに沿った食事をしていたら、まるっきり逆なことをやっていたみたいだ。

とにかく塩分に気をつけた食事を徹底するしかないと、この前検査したとき話をされたみたいだ。

その時は夫も一緒に付き添っていって、医師の話を聞いたのだが、腎臓はよくなることはないけど、このまま残ってる部分で保たせる治療をしていくみたいだ。

ひどくなったら人工透析になるらしい。

当分先かもと思っていたら、人工透析やる時期が早まったかもしれない。

この週末は今の秋葉原の病院へ入院するが、月曜日は腎臓の専門病院へ移るかもしれない。

一刻を争うような重篤なことにならなくてよかったけど、今年は油断ならない年になりそう。。。

みなさんにご心配いただいた夫の仕事のことですが、とりあえず歩みよりの方向で来週から
復帰の形をとるようなことになると思います。

でも、今回義父のことがあるのでちょっとまた先に伸びるかも。

これは不運なのか、膿をだすための最後の解毒か、どうなの?

ま、あんまりしょげずに前に進むしかないね。

これがきっかけでいろんな状況が変わってくるかもしれないし。

********************************
前回の記事にコメントいただいてお返事書いてない方、遅くなってすみません。

ちょっと落ち着いたらお返事しますね。

あと、金曜日は詩乃さんがサロンへ来てくださいました。

今回はホットストーンからフェイシャルに変更したので、残念ながらセクシー下着が見ることができませんでした。って、冗談です。

お客様のお着替えは一切見ませんのでご安心ください。

うちの夫の作った「アップルパイ」ご賞味いただきありがとうございます。

アップルパイの写真は後日にでもアップしようかな。

スポンサーサイト