--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/10

1.09 主治医とご対面

昨日は初めて主治医と会う日だった。

午後3時半からの予約だったので、会社を休むこともなかったが、一緒に付き添ってくれる夫が仕事を休んでくれたので、私も休むことにした。
11月に休日出勤した代休があったので有休を使わずに済む。
これから手術・入院で有休を使うので、大切に使いたいものだ。
病院へは予約の30分以上前に着いた。
最初の受診の時今後の検査のスケジュール表を渡され、看護師さんからの説明があった。
「先生の診察は3時半からですが、伸びそうなので4時からのエコーを先にやったほうがいいかもしれませんね」と。

自動再来機で受付を済ませて、とりあえずエコーを先にしようと乳腺科の受付に行き「エコー先にしたいんですが」と言うと
すぐに受け付けてくれた。
ホントに先にやっといてよかったーーって感じだった。
エコーは首・脇・胸のリンパを念入りに見てくれた。
10分ぐらいで終わり、乳腺科に戻った。
3時半まで15分ぐらいだった。

最初の時も1時間待たされたから、それぐらいは覚悟していた。

そして、1時間が過ぎた。

1時間半。

それでも中待合室までも呼ばれない。

乳腺科の受付のところにある、診察のスケジュールを見ると(今何時に予約の人が診察中なのかわかるボード)2時半の人だった。

2時間遅れ・・・・・・。

結構、みんな悶々と待っていた。
夫も「こんなに待たされるの??」と。
「連休空けだしね~。混むんじゃない」
でも、2時間半・・・・長いな~。
やっと、5時過ぎに中待合室に呼ばれた。
そこからもうすぐ呼ばれると思いきや、6時近くになっても呼ばれなかった。
実は、5時半には終わる予定で義父とある駅(同じ路線の駅)で待ち合わせをしていたのだ。
義父は携帯を持っていない。
連絡の取りようがないので、夫が駅に向かうしかなかった。
せっかく夫が一緒に来てくれたのに、主治医に会わずにこのまま帰るのか・・・。
なんのために休みを取ったのか・・・。
と思いながらもギリギリまで病院にいてくれた。
もし、義父と会ってこっちに向かえるなら戻ってきてくれることになった。

夫が出て行って30分後。
私はまだ診察室に呼ばれなかった。
そうしてるうち夫が戻ってきた。なんと、乗った電車に義父が偶然乗っていたので、そのまま降りて戻って来てくれたのだ。

診察室に呼ばれたのは7時近くだった。
待ち時間3時間。

主治医の先生はなんかこじんまりした感じの人だった。
年齢は・・・微妙だけど同世代ぽい。
頭は白髪(たぶん若白髪・・うちの夫もそうなので)、肌の艶感からして、そんな年じゃないだろうと。
って、どこを観察してんだか・・・・^_^;

乳がんを見つけたのは・・・・から始まってかいつまんで説明をした。
私が針生検と思っていたのは、「細胞診」みたいだ。
針生検は直径2mmぐらいの針を刺して吸い取るので、麻酔なしではできないらしい。針の時は麻酔なしだったしな~。
「それは針生検じゃないです」と指摘された。
3年前の5mmの時点で「ガン」を発見するのはとても難しいことだと言われた。
主治医のN先生は九州のそれも熊本っぽいなまりがあった。
熊本と特定したのは以前一緒に仕事してた人が熊本出身で同じようななまりがあったからだ。
でも、違うかもしれないなあ。
そのイントネーションで淡々と説明を受けた。
エコーなど、その他資料を見る限りではホントに初期のガンでI期らしい。
でも、ガンそのものを摘出してるため、もしかしたら広がってる場合があるので、その周り2cmぐらいを切り取り(温存)、放射線治療は必要。
ホルモン治療は前の病院で陽性だったので、効果あると言われたが、
こちらでも検査するので、また前の病院からパラプレートを借りてきてほしいと言われた。
あ~。また事務的な事が発生してしまい、ちょっとうんざりになった。
でも、しょうがない。検査だものね~。

気になる手術日程を聞いてみた。
MRIの検査をしてからじゃないと決められないし、やはり混んでるらしい。それに、初診から1ヵ月半から2ヶ月ですと言われ、
「セカンドオピニオンじゃなくて最初に診察を受けた日からですよ」と言われた。
そんな、強く言わなくても・・・・と思いながら、
「そうするとだいたい2月中旬ですよね」と。
2月6日にMRI検査なので、その1週間か2週間後になるかもしれない。
だいたいの予測がついてとりあえず落ち着いた。

主治医もあんまり口数の多い人ではなかったが「患者さんの苦痛をなるだけ避けた治療をしていきます」と言ってくれた。

最後に乳房の診察があって、10月に切った傷を見て「ちょっとケロイド体質かなあ」と
「え!じゃーこれから切る傷も治りが遅いか痕が残るってことか?」と思った。
最近、切った傷のあたりがちくちくすることがある。
たぶん再生してるんだと思うけど、このぐらいの傷でちくちくするんだから、今後どうなるのかちょっと心配になった。

主治医の印象・・・・う~ん。まだよくわからない。
嫌な印象は受けてないが、友達やブログに書いている方のように「この人だ!」という運命的な出会いではない気がする。
そうそう、運命的な出会いなどするもんでないよねー。
今はやはり信用して治療を受けることだと思っている。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そういうボード・・・

うちの病院にもありますが、あれを見て
はるか前の予約の時間帯が入っていると、
気がとおくなりそうになりますね。

うわ~、これからどうなるの…という感じの
終わり方。

どうなるんだろ? ドキドキ・・・

よつばさんへ

すみません。変な終わり方して^_^;
予約投稿しようとしてたら、そのまま投稿しちゃいました。
今回も長文ですみません。文章のまとめ方が下手なんですよーー。
ホント待たされましたー(>_<)

確かに長い待ち時間

私も一番最初は4時間位待たされました、1,2時間の待ち時間は当たり前の世界、必ずDS忘れずに持っていってます。
運命的な出会いかぁ、私もこの人だ!って思った事は無いかもしれない、皆個性的で面白い先生ばかりだけど、治療が始まるとなんとなく、あぁこの人が私の主治医なんだなぁって後から感じる。
そのうち生まれる信頼関係、そこからで充分だよん。

予約でも待つ

こんばんわ。私のブログに来てくれてありがとう。

そういうボードはないです。
予約でも1.2時間待ちは当たり前。
私も今の主治医はゼカンドなんです。
最初の病院で2ヶ月たってたから、
私はその病院行って1週間後にMRIして、
その1週間後に手術でした。
wakkoさんの通ってる病院は混んでるんだね。
この先どうなるんだろう。。

yukiminさんへ

こんばんは!
4時間かー。長いですね~。
これからは覚悟ができたって感じです。
最初から運命なんて無理ですよね^_^;
接していくうちに信頼関係が生まれてくるんでしょうね。

ふうママさんへ

こんばんは!
やっぱりMRI後、1週間ぐらいで手術なんですね。
専門病院なんで混んでるんでしょうね。
先生もちょっとぐったりぎみだったけど・・・・。

おはようございます。

私も、初診の時は待たされました。
3時間位、待った記憶があります。
私の場合、「癌」と告知された、その足で、今の病院に行ったので、もう何が何だかわからず状態で、待っていた記憶があります。

手術までは、検査検査で、、なんだか、あっという間でした。
それで良かったのか、どうなのか、、、って感じですね。

かこさんへ

こんにちは!
やはり皆さん長時間待たされるのは当たり前なんですね。
今度は待ち時間を有効に使おうと思います。
検査・検査で出費も増えますぅ(>_<)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。