--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/10

母の入院

先週の土曜日母が退院した。
って、言うのは2週間前検査入院をしたのだ。
実はお盆に帰省したときにも、「肋間神経痛だから」で、あっちこっち体が痛くて、結構精神的にも凹んでいた。
何かするにも「痛い、痛い(>_<)」と言って、家事も父親なしではできないぐらいだった。
体の痛さは6月ぐらいから始まったみたいで、近くの診療所に行ったら、「肋間神経痛じゃないか?」と言われ、さほど気にしていなかったみたいだ。
それで、知り合いのマッサージ師さんが出張してきて、マッサージと電気治療をやってくれたが(5,6回やって1回4,000円らしい)その時は痛みなどもとれて楽になったみたいだ。

私もオイルを持っていってたので、首・肩・背中・腕などをトリートメントを2回ほどした。
やはりその時は「気持ちいいね~だいぶ楽になった」と言ってくれた。
私たちが帰る8/16も体の痛みはあるけど、寝込むほどのことはなかった。
そして、2週間前入院して2,3日経って弟から「母さん入院したみたいよ」と。
「えー、どんな具合?」と聞くと
「まだ、はっきりわかんないけど、今検査中で来週にならないとわからないらしい。ただ、あんまり心配するなと親父からの伝言」と言っていた。

私は帰省したときも「しびれとかないのか?」と「頭の検査とかもした方がいいんじゃないか?」と伝えてきたんだけど、神経痛だと思い込んでると中々精密検査まで受けようと思わないみたいだ。
結局、痛みはどんどんひどくなり、足とかも腫れてきて、熱も出て、やっと総合病院に行ったみたいだ。

入院初日から点滴が始まり、退院時には今までの痛みがうそのようにとれたみたいだ。
でも、たまに少しの痛みはあるみたいだ。
検査をしている時から「リウマチ」の疑いがあったそうだ。
2週間近くかかってはっきりした病名は「リウマチ性筋肉○○?」(言われたのだが、忘れました^_^;)
※リウマチでもすごい種類がありますね。→■■■

退院してからも2週間に1度血液検査をして、薬も2,3年続けなければいけないらしい。
今回は父親がかなりがんばったみたいだ。
毎日じゃないけど、車で40分かかる病院へ下着やいろいろなものを持っていたり、近所の人や母の姉妹を連れて行ったりかなり忙しかったと言っていた。
「帰ろうか?」って言っても「別に大したことないから帰ってくるな」と言われた。
それに、甘えて今回は帰らなかった。

母は若い時から病弱で(自分で言ってたけど)小学校5年生で「肋間神経痛」と言われたらしい。(農家なので手伝いをしていたら)
そして、私を出産したのは30歳の時、そして33歳で弟、36歳で下の弟と結構元気じゃない?って思うけど・・・・。
でも、嫁に来てもよく医者通いしてたので舅・姑に嫌味を言われていたと愚痴っていた。
私が中2の時(母45歳)健診で子宮筋腫が見つかり(握りこぶし大ぐらい)、子宮も摘出した。
その2年後ぐらいに今度は蓄膿症になり、手術。
そして20年前ぐらいに三半規管がよくなくて入院。
高血圧の為40年ぐらい血圧の薬も服用している。
いつもコレステロールが高いと言われ、結構気にしながら食事してたけど、下っ腹の出具合はすごい!
あの腹を見て「私もいつかそうなるのか?」と、ビビッていたのだ。
母が子宮筋腫だったので、いずれ私も子宮筋腫になるかもしれないと気にしていたが、それよかとんでもないものになってしまった。
「まさかの乳癌」だよね~^_^;あははっ

と、言う具合に母は病院へ通う事はライフワークの1つで、切れることがないのだ。
定期的に病院に行ってるので、かなり早期に発見ができると思ってたけど、今回はちょっとあなどっていたんだよね。
それに、周りで「リウマチ」になった人の話を聞いたことがなくすぐさま「リウマチ」の疑いを持たなかったのもここまで気づかない要因だったかもしれない。
とにかく今のところ体の痛みがとれホッとしているみたいだ。
血液検査の結果も良好のようだ。

次は父親の番で来週は2日間の検査入院らしい。
父は本当に丈夫で、初の海外旅行が「トリノオリンピック観戦」
それを聞いたときはほんとびっくりしたけど、改めて父の前向きな生き方が刺激になった。
そして今年は73歳にして2千メートル級の山(鳥海山)への登山。
もう、何十回と登ってるので慣れてるとは言え、70過ぎのじいさまだからね~。ほんと偉いわ~

弟がメールで詳細を送ってくれたが、「親父の場合はたぶん心配いらないと思う。それよかアンタ大丈夫なの?よく考えたらさー」と言う文面。
いや~自分でも忘れてたよっ!笑
お盆に帰った時も母親の「痛い痛い病」に明け暮れていたので、すっかり私の病気をみんな忘れてた状態。
ま、そんなもう今元気だしあんまり心配されてもね~
そして母の入院で私は[あー病気してたね~」みたいな、過去の人になっていた。
でも、弟が「よく考えたらさー」の文面みて私は大笑いした。
「そうだよ!家族の中で私一番重たい病気じゃん!」って。笑
母の2,3年薬服用より私の5年服用、10年経過見?の方が大変なんだけど、あんまり深刻に捉えられてなくていいのかな~と思った。

このままあっさり「完治!!」に持ち込みたいぞ!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お母様大変だったね
痛みっていろいろあるでしょ

リウマチってよく聞くけど
wakkoさんの記事読んでいたら
大変さがわかったよ。

お父様も無事に検査が終わるといいね

そうか私達の病気って重たいよね

前向きに「完治」めざしていこうね。

リウマチって、大変らしいですね。
私の恩師の奥様がリウマチですけど
「痛い。痛い」って・・・それは見ている方が
つらくなってきます。
お母様が、すこしでもよくなりますように。

確かに私達の病気、大病ですね。
でも、笑って、乗り切っていきたいね!
あと10年もすれば完治できる病気に
なってるさ、きっと!!

押さえ込みで白星

たいへんだね。

意外とリウマチ疾患は多いんだよ。
職場にもいるし、入居者・親戚の嫁?
そして、同級生にもいるよ。

以前より薬も色々出てきているし、研究は進んでいるよ。
もちろん、私達病気も5年前・10年前考えると戦える位になってきている。
まっ、慌てず病気は笑えばよくなるらしいぞ。

…家の近所のリウマチ科のDrは
毎年きくぞうさんを呼んで、笑わしているよ。

長くなっちゃった

お母様のこと、気がかりですね。

私もそうですが、「親と遠く離れて暮らしている」と、こういったとき、なんともせつない気持ちになりますね。

私の父は私が16歳の時に事故で亡くなり、12歳だった弟とふたりを抱えて、母はがんばってくれました。私たちがそれぞれ大学を卒業し、私が大阪に来た年=弟が就職した年に、母はたいへんおおきな手術をすることになりました。
実家に戻る新幹線の中で「なんでこんな遠くに来ちゃったんだろう」って、考えても詮ないことを思いました。

母は回復してくれて、すっかり元気なばあさんですが、あの時のせつなかった気持ちはずっと私の中にあります。
でもじゃあ何ができるかな、って。近くにいたらいいってことではないよなー、いやそうなのかなー・・・
とりあえず、娘である私が、機嫌よく暮らしてたらいいのかなーって、今は思うようにしています。勝手かも?(笑)

お母様、おだいじになさってください。

yattiさんへ

v-22こんばんは~
yattiさんありがとうございます。
父は1,2日で帰ってくると思ってたらしく、私たちには黙っていようとしてたんですけど、1,2日じゃ済まなくなって、連絡が入ったって感じです。
個室だったので(田舎の病院は安いですよ~1日2100円だって!)病棟に電話をして部屋につないでもらって母と話すことができました。痛みは1,2日で後は結構元気だったみたいで安心しました。
リウマチってほんと種類多いんですよね~
まだまだわからないことばかりです。
中高年の女性に多くみられるっていうから、あなどれないです^^;
病気のことあんまり重たく考えないほうがいいのかなと思うけど、やっぱり重く受け止めてしっかり治療して「完治」したいですよね。

詩乃さんへ

v-22こんばんは~
詩乃さんありがとうございます!
そう、帰省したときもかなり「痛い」を連発してて、ちょっと動かしただけで「痛い」って言ってたんですよーそのときに気づいてあげればよかったなあーと。
でも、だいぶいい方向へいってるみたいで安心しました。
どんな痛みか想像できないけど、かなり痛かったんだろうなーと思います。痛がりの私は耐えれないかも^^;

私たちの病気、ホントは5年で区切りつけたいけどね(*^_^*)
10年経てば医療は今より数段進んでますよ。絶対「完治」できると信じてる。信じましょうね!

ほっこさんへ

v-22こんばんは~
ほっこさんありがとうございます!
リウマチ患者ってそんなに多いんですか!
私の周り(聞いてないだけかな?)には、リウマチになった人って聞いたことなくて症状もどんなのかわからなかったです。
全身が痛いのってほんとやだろうなーと思いました。
母は痛さでマイナスなことばかり考えてこれじゃ心の方も病んじゃうなーと思いながら東京へ帰ってきたんですよ。
でも、さほどひどくなく血液検査でも今良好らしいです。
そう、医学は日々進歩してますもんね。
私たちも朗報を聞く日がきますよね~
リウマチにも「笑い」はいいんですね~

メルモさんへ

v-22こんばんは~
メルモさんありがとうございます!
うぅぅ~v-406コメント読みながら涙でました。
メルモさんもメルモさんのお母様もいろいろ大変だったんですね。
そして、今お元気でお暮らしでほんとよかったです。
今回もすぐに行ってあげればよかったかも。といろいろ考えました。
でも、親も無理して来ないでほしいと言うので今回はそれに甘え帰りませんでした。
メルモさんがおっしゃるように「でもじゃあ何ができるかな、って。近くにいたらいいってことではないよなー」
そうですよね~親は子供が元気で幸せに暮らしているってことだけで、うれしいと思います。って、これも私の勝手な想像です 笑
これからは心配事を増やさないようにしてあげたいなと思います。

お母様に続いてお父様も検査入院だなんて、心配ですね。
うん、リウマチで苦しんでる方は結構多いんですよね。
でもお母様、まずは痛みがひいたようでまずはよかった~。
お父様、なんでもないといいですね!!
まあ確かに、wakkoさんが一番大病なのかもしれませんね~。
うちはねえ、父が心臓手術してるし腎臓がんもやってるし、
ある意味、私、負けてます。(笑)

シロクマさんへ

v-22こんばんは~
シロクマちゃんありがとう♪
リウマチの人って多いの?
父の検査入院はそんなに心配しなくてもいいよ。と弟が言ってましたけど、なんせ70過ぎてるから何かしら出るよね?
シロクマちゃんのお父様すごい大病じゃない!
う~ん負けてる?
って、病気に小さいも大きいも勝ち負けもないよね。
と、言いながら言いだしっぺはあたいでした^^;

こんにちは!

お母さま、大変だったけどとりあえず
落ち着かれたのかな?
遠くにいると、何かと心配ですね。
でもご兄弟もいらっしゃるようなので、少しは安心でしょうか。
リウマチと言う病気を詳しくは知らないですが、
お大事になさってくださいね。

大変だったね

そ・・ そんなことがあったんだ。 大変だったね。 でも血液検査の結果も良好・痛みも取れて・・とひとまずはアンシンだね。 
お父様の海外デビューすごいね。 GUTSあるなあ・・
きっと検査もオーライオーライだよw

心配ですね。

wakkoさん、こんにちは。
お母様、離れてあるので心配ですね。
痛みが伴うのって、とても大変そうで
早く落ち着いて欲しいものです。
でもとってもお元気なお父様がいらっしゃるなら心強いですね。
でも娘のwakkoさんに近くにいて欲しいと
思ってあるかな~
どうぞお大事にされてくださいね。

ゆうゆうさんへ

v-22こんばんは~
ゆうゆうさんありがとう♪
すごい痛みはなくなったし安定してるみたいです。
子供は3人とも親元を離れてるので、すぐに帰れないんですよ。
救いなのは母方の姉妹が近くにいるので、少し安心かな。
リウマチってほんとに種類が多いんですよね~

ナイトカオさんへ

v-22こんばんは~
カオちゃんありがとう♪
そうなのよー。親が病気だったらすぐ飛んでいくべきだったんだろうけど、今回は断られた^^;
リウマチは痛みも消えて良好です。
うちの父ね~いきなり「トリノ」へ行っちゃうんだもん。(親父6人衆で)
それも真冬の雪の多い時期。
かなり母に文句たらたら言われてたけどね^^;
冥土の土産らしいです。
検査も大丈夫でしょう!

葉月さんへ

v-22こんばんは~
葉月さんありがとうございます!
すぐに行ける距離じゃないっていうのが、これからも心配ですね。
今はもう落ち着いていて痛みもなくなったみたいです。
薬は2,3年続けなきゃいけないみたいですけど。
母が弱い分父はほんとに強いですね。
二人で病弱だったら今頃実家に戻ってますね^^;
親の老い、これから深刻になってきますね。

お母さん、大変だったのね。
離れていると、余計、心配だね。
今は、痛みがないのかな?
落ち着いて欲しいね。

wakkoさんも、弟さんがいるのね。
私も、弟がいるの。
病気してから、特に、いろいろなこと話すようになったんだ。
やっぱり、心強いね。

お母さんのこと心配ですね。
離れていると、すぐ行けないから気になるね。
今は、痛みが治まってるの?よかったね。
私の母はひとり、近くに妹がいるけど。
夏の間に入院騒動になって、心配しました。
点滴治療で入院せずにすんだけど、
これから、心配事が増えそうです。
親の老いはこれからの課題です。

かこ。さんへ

v-22こんにちは~
かこ。さんありがとう♪
今は痛みもなく2週間に1回の通院と薬で大丈夫そうです。
なかなかすぐかけつけられないのがもどかしいですけどね。
そうそう、かこ。さんも弟さんいらっしゃるのよね~私は2人います。
一人はまだ独身だよー40過ぎてます^_^;
最初のブログでも書いたんだけどすぐ下の弟は退院してきた次の日に岐阜から来てくれたりしました。
なかなか姉思いじゃん。と思ったものです(*^_^*)

ふうママさんへ

v-22こんにちは~
ふうママさんありがとうございます!
今は薬で落ち着いてるみたいです。
ふうママさんのお母様は一人で暮らしてるの?心配だね。
でも、妹さんが近くにいれば心強いかな。
夏に入院?ふうママさんも大変だったんですね。入院までいかなくてホントよかったです。
親の老いは年々嫌でも感じていかなければいけないのね~

お母さんお大事に。

田舎が離れてて、親が病気なんかすると
「親が健康でいてくれた事がどんなにありがたかったか」とあらためて思いますよね。

私も父が脳梗塞で倒れ、横浜→北海道の往復をちょくちょくする事になり
時間もお金も不足気味e-269
笑えないぞー。

まずは自分が健康になる事が
一番の親孝行ですよね!!

まりあぽーらさんへ

v-22こんにちは~
まりあぽーらさんお帰りなさ~い。
それからありがとうございます!
まりあぽーらさんのお父様も入院されてたんですね!それも大変なご病気じゃないですか!どうぞお大事にしてください。

北海道と横浜の往復ほんと大変だと思います。
でも、ちょくちょく帰ってるなんて偉いですよー。
>「親が健康でいてくれた事がどんなにありがたかったか」とあらためて思いますよね。
ほんとにしみじみそう思います。
でも、いつまでも元気でいられないだなーということも頭に入れて生活しなきゃと思っています。
やはり、自分が健康で生活することが親も安心させられることですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。