2013/01/30

親の老後その3

ここ2日ばかり陽射しが暖かです。

日も長くなってだんだん春に近づいてるんだな~

「明けない夜はない」というけれど

寒い寒い冬はずっと続かない

なので気持ちも徐々に明るくなっていくよね

母が上京して3週間目になりました。

平日の昼間、家に一人でいるのもだいぶ慣れてきた様子です。

外に出ることはないのでもっぱら家の中で日光浴してます。

秋田とは比べ物にならないほど太陽光が家の中に入ってきますから

冬に暖房なしで過ごすことにびっくりしています。

太陽光を浴びることで体内でビタミンDが生成されて骨を丈夫にし、高血圧や糖尿病、ガン、心臓発作や脳卒中の予防にもなるそうです。

そして65歳以上の高齢者で、ビタミンDのレベルが低下すると、脳の認知機能の障害が増加することがわかったそうです。

ビタミンD欠乏とうつ病との関連が報告され、サプリメントを使用してビタミンDレベルを高めると、うつ症状が改善することもわかったとか、、、

一番興味深かったのはビタミンDレベルの高い人は、低い人と比べて、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン、食道ガン、咽頭ガン、すい臓ガン、白血病などの発症リスクが2~8割も低下するらしいです。


日光への露出の多い女性は乳ガンのリスクがかなり低下し、日照量の多い地域に住む人は肺ガンのリスクが低くなるようです。

ただ、日光を浴びるということは紫外線も浴びるということ、その辺どっちを取るかって感じですよね(^▽^;)

ま、紫外線対策をしっかりして、なるだけ太陽光を体に浴びた方がいいんでしょうね。

母が冬中調子が悪いのは(精神的、肉体的)初冬から春先にかけて太陽光をほとんど浴びてないのも原因だと思っていましたがおおいにあったわけです。

うちに来てからは昼間陽を浴びてるせいか、実家にいる時よりは体が楽な感じには見えます。

さて、前回は最初に受診した病院で血液検査をしたところまでお話しました。

先週ですが、またレンタカーを借りて夫の運転で病院へ行ってきました。

診察は午後3時からでしたが、1時間以上早めに着いたので病院に入ってるタリーズコヒーでお茶をしました。

私が行ってる病院もそうですけど、タリーズが結構入ってるのかな?

そして最近街中でタリーズのお店が少なくなってきてる気もします。

3時前に診察室の前で待機してました。

呼ばれたのは3時20分ぐらいでした。

前回の血液検査の結果ではリウマチ系にも問題なかったです。

コレステロール値はいつも高めですけど。

胸のレントゲンを撮った時に肺に影があるみたいな感じでもしかした”水”が溜まってるのでは?と。

それで急遽CTを撮ることになりました。

結果がすぐわかって、その”水”が溜まってるというのはまったく問題がなかったです。

たぶんレントゲンを撮る時にちゃんと息を吸って~はいて~がうまくできなかったのでは?ということです(^▽^;)

一応、診てもらった先生は膠原病・リウマチ科の先生なので、循環器系で詳しく調べてもらった方がいいということになりました。

こちらの病院に通院するには遠いので、私が住んでるところの病院に紹介書を2通(リウマチ科と循環器科)作ってくださいました。

それも当日すぐに手配してくださったのです。

CTのフィルムのコピーに30分~40分ほどかかるそうで、書類を全部受け取ったのは5時半過ぎでした。

病院の外来が5時までだったのですが事務の方が残業してくださいました(たぶんね(^▽^;))

先生たちも診察室からほとんどいなくなっていましたよ。

乳腺外科とかって外来でも夜7時、8時ぐらいまでかかる時あるのに、病院によってというか科によって違いますよね。

母親としては今回診てくれた先生がとても丁寧だし、親切だったので家が近ければこの先生に診てほしかったみたいですけどね~

で、新しく受診する病院に予約を入れることになったのですが、、、

次も大学病院なので電話でまず予約しなければなりません。

すぐ予約の電話をしたのですが(23日に)循環器内科の予約が最短で取れるのは31日だそうです。

本当はリウマチ科も一緒に予約したかったのですが、一緒の曜日は無理そうなので、まず循環器内科を先に受診して、循環器内科の状況によってリウマチ科を予約しようと思うのでしばらく病院への付き添いは続きそう。

3週間以上一緒に生活してて、夕飯はとりあえず私が用意しています。

ご飯は「今日炊いといてという」と炊いておいてくれます。

朝とお昼はあまりたくさん食べないので夜の残りとか真空パックに入ったお惣菜を買っておくとそれで食べたり

うどんが好きなのでうどんをよく食べています。

今までと違うのは、自分たちなら適当に食べ物がなければ買って帰って食べてましたが

買い物も行けない母には食料を買って用意しておかなければいけないことです。

母が老化したなと思うのは、やっぱり「ご飯を作ることが億劫になった」ことすかね。

自分だけしか食べないと食欲もあまりなく、料理作る意欲もなくなるみたいです。

でも料理を作ることというのは想像力を養うらしく、認知症の人のリハビリにもなるらしいですよね。

だから料理はなるだけしてほしんですけどね~

で、この前夫が「お母さんの作った納豆汁と玉子焼きが食べたい」と母に言ってくれました。

始めは「納豆汁なんて材料もなければ作れない」と消極的でしたが、私が材料を揃えるということで

納豆汁を作る意欲が出たみたいですヾ(*゚ェ゚*)ノ

大鍋いっぱい作りました(笑)

母納豆汁

ただ、秋田の実家で作る納豆汁に入ってる”わらび”は地元で採れるわらびで太くてやわらかいんです。

そして”きのこ”も近所の人が秋に採ってきてくれて塩漬けしてくれたもの。


今回はね~セ☆ンプレミアムの中国産のわらびときのこの水煮(なかなか売ってなくて、、、)

味は全然違います。あたり前ですけど、、、

ま、でも納豆汁を堪能しました

あとは『玉子焼き』を作ってもらわないと!



今日は実は私の誕生日です

50代突入しました!

50代なんてもっと先と思っていたけど、ほんとあっという間ですよ(笑)

40代って今思えばいろんなことあったなあ~としみじみ思います。

まずは一生の仕事にしたいと思っているアロマセラピストになりたくて学校行って、念願の自宅サロンを開いた。

あとはなんと言っても乳がんという病気になったことでしょうか。

そしてたくさんのブログともと知り合い、リアル友もでき、悲しいことも経験したけど

楽しいことの方が多かったように思います。

50代 ってどんな感じなんだろう~

でも、まだまだ元気で過ごしたいお年頃です(*^_^*)

高校生以来の母と過ごす誕生日になりました。

母からおいしいものでも食べてと

お寿司とケーキを買ってもらいました(*^_^*)

誕生日

50になっても甘えていいのだ(*^_^*)

スポンサーサイト
2013/01/18

親の老後その2

3連休の最後の14日の雪は本当にびっくりでした!

その日は朝からお客様でいらした時は、雨だったのに2時間半後に終わって、ベランダの外を見たら

この状態
雪の日

トンネルを抜けると雪だった、、、じゃないですけどそんな感じでした(^▽^;)

関東に雪が降ると本当に交通がマヒしますね。

そして次の日は気温が低くなり道路の凍結。

今回もすってんころりんする人が多かったみたい。

そっちの方がやっかいです。

いつも思うけど何故道路凍ってるのに普通の靴を履いていくのか不思議です。

見た目が嫌でも怪我するよりいいでしょ?って感じ。

か、会社着いたら履きかえるとか、学習しろよ!って思う。

ま、雪国で育ったものの言い分ですが、、、、

13日の夕方 弟(次男)が母を迎えに行き、そのまま新幹線で東京まで連れてきてくれました。

私は13日はフラのイベントだったのですが、終わってからすぐ東京駅に行き改札口で合流しました。

東京駅からはタクシーで15分ほどですが、その後難関が

うちは5階建ての5階でエレベーターなしです。

このビルが建った頃は5階まではエレベーターを設置しなくてもいい時代?(30年以上前)だったため

5階まで階段なんですよ(^▽^;)

階段だけど地下鉄の駅から3分という好リッチ条件を取りました。

若いうちはいいんでしょうけどね。ここを昇れなくなったら引っ越し考えます(笑)

で、問題は年老いた母です。

もう、昇るしか家に入れないからね~(笑)

2階まで自力で昇ったのですが、弟がみかけねて5階までおんぶして連れてってくれました。

意外に力があるのね~と感心しました

「年寄りの割りに重い!」と言ってましたけど(笑)

背は145cmぐらいしかないのに、私より体重があるからね~

もうちょっとやせてもいいんじゃないかと思ってるんだけど、、、

せっかく雪の秋田から来たのに着いた次の日はこんな雪で、なんだかなあ~って感じでしょうね。

「東京はもっとあったかいと言われてきたのに(冬に来たのは初めて)寒い」って(^▽^;)

そりゃー東京だって冬は結構寒いんだよ~

でも、雪が降る前日に東京入りしてよかったです。

きっと電車も止まったんじゃないかと思います。

14日は朝からサロンワークでしたので、隣の部屋で終わるまで待機しててもらいました。

お客様には家人がいることは伝えてあるのでトイレにも行けない状態ではありませんから。

お客様が帰ってから、母に足裏マッサージをしてあげました。

足浴して足を温め、ベットに寝てもらいリフレクソロジーです。

母へのリフレはかなり久しぶりですね~

母リフレ
終わったら「気持ちよかった~」と言ってくれてよかった(*^_^*)

今度はフェイシャルをやってあげよう。

ここから先は今回の目的でもあるセカンドオピニオンで病院に行ったことなどで長くなるので折りたたみます。

続きを読む

2013/01/10

親の老後

1月も10日過ぎましたね。

日一日一日がこれまた早く過ぎて行きます。

ここ2,3年私の周りでも親の介護のことで話を聞くようになりました。

それにフレンズの方の介護の話も聞いてると「他人事じゃないなあ」って思っていました。

それが本当に他人事じゃなくなってきました

3年前に父が他界してから母は実家で一人暮らししています。今79歳

なにもかも父任せだった母。

当初は「一人で暮らせない」と不安がっていましたが、弟(長男)が月に一度帰省することや、近くに住む母の妹や近所の人の助けを借りてなんとか今まで暮らしてきました。

春~秋までは大好きな土いじりができるので、気持ちも落ち着くんですけど

寒くなると気持ちが落ちることで、体も思い通りに動かなくなります。

体が思うように動かない原因は、父が健在の時からリウマチを発症(リウマチ性多発筋痛症)したのもあります(6年前)
それからずっと再発防止のための薬を服用(ステロイド剤)しています。

2年ぐらい前に一度再発し、2週間ぐらい入院したのですがそれ以降はリウマチの痛みなどは出ていません。

母は40代前半ぐらいから血圧の薬をずっと服用、それに加えリウマチの薬。

よく「馬に食べさせるほどの量だ」と冗談で話していましたが、本当にそんなぐらい薬の量が多いんです。

そして父が亡くなってからは精神的にも不安定になり精神安定剤もたまに服用。

昔から神経が高ぶると眠れなく、何度も夜中起きるとかそういう症状がありました。

それはそれで更年期の薬?ももらってたようです。

何十年もたくさんの薬漬けで薬なしではいられず、薬がないと不安になる感じですね。

今年のお正月は私は帰っていなく弟(長男)一人が帰省していました。

年末早い時期から帰っていた弟が「今年の冬は前回よりだいぶ体が辛いみたいだ」と言っていました。

弟が帰る前に体調悪くて近所の人に診療所に連れてってもらったらその診療所の院長が「これはノロウイルスだから入院しなさい」みたいに言ったらしいんですが(ちょっとお腹壊してたけど、吐き気は一切なかった)

素人目でも入院する必要あるの?という感じだったらしんんですけど、点滴を2日ほど受けるだけにしたそうです。

それで叔母や周りの人も長男が帰るまで待ったらということで入院はしませんでした。

前からそうだったんですけど、日によって体調の悪さにムラがありました。

冬場は特に。

その体調の悪さというのが本人しかその辛さを表現できないけど、秋田弁で「こえぇ~」って言います。

怖いって言う意味ではありません(^▽^;)

なんというかな~疲れた時の疲労感とか倦怠感とか、、、そんな感じです。

たぶんどうしようもなくだるいって感じなんでしょうね。

食欲は普通にあるけど、ちょっと動くと「だるい」って感じ。

あと最近では顔のむくみがひどくなってきたようです。

それでお正月明けに弟が付き添いで6年間かかってた病院で再度検査をしました。

こんなにだるいし歩くのも大変 顔も浮腫んできた、入院できないか?って聞いたら

「検査してなんの問題もない入院は無理」

と言われたようです。

前からですけど、入院させると赤字になるらしいですから。病院側はなるだけ入院はさせたくないようです。

それに「リウマチの薬の副作用はある程度しょうがない」みたいな。

確かにリウマチの薬の副作用には倦怠感とか浮腫みとかあるようです。

担当医からはデータで悪い結果が出ないし、理由がわからないみたいに言われ

「一人暮らしも原因の一つでは?」とも言われたとか。

弟的に感じとったのはそういう精神的なことはこっちでは関係ないから!と言ってるようだと。

でも副作用で「薬剤惹起性うつ病」を発症する場合がある。

インターフェロン製剤、副腎皮質ステロイド薬などの服用により起こることが知られている。ともあります。

副作用の軽減などを考えてくれればいいのに、まるでどうでもいいような態度に弟はあきれてしまったようです。

普通なら「しょうがないのか、、、」って思うところでしたが

ちょうどそんな時期に母の昔からの友達が年始の挨拶で電話をしてきたのです。

体調の話をしていたら、そのお友達の親類の人がリウマチ(関節リウマチ)で母と同じ病院で治療していたが、一向によくならない。
その時その人の甥っ子さんて方が昭☆大学病院に勤めていたらしく、リウマチの専門医の先生を紹介してくださり受診したそうです。

そしたら考えられないぐらいよくなって帰って来たという話を聞いちゃった母は「診てもらいたい!」という気持ちが沸き起こったらしいです。

その話を聞いた時から東京へ行く気満々(笑)

翌日は前日とは全然態度が違ったそうです。

精神的な部分が多分にありますよね。

そのよくなった人はたまたま治療が合ってたりしたんだと思うしみんなそこに行って治るという補償はまったくないけども、「藁をもすがる思い」があったと思います。

それに弟が帰ってからまた一人で暮らすことに非常に不安を感じ始めていたそうです。

実家の近くには冬場だけ住める高齢者の一人暮らし用の施設があります。

そこにいずれは住むように手配しなければという話は前から出ていました。

でも、なんとなくまだまだ一人でも大丈夫そうだし、話を進めないまま今まで来てしまいました。

だけどもう80歳近いですからね、高齢者は日一日に変化があることに私たちはもっと注視しなければいけなかったですね。

精神的にももう限界にきているみたいで、これは早々に手続きをしなければなりません。

ただ、その前に今回のセカンドオピニオンをきっかけに4年ぶりぐらい(その時は家には来ていません)に東京へ来て過ごすことになりました。

ま、私の狭い家で。

それも5階まで階段(^▽^;)

ホテル暮らしにしようと思ったのですが、結局ホテルにいても一人で出歩くことはできないだろうし

うちにいるのも一緒かな~と思い、階段はゆっくり一段ずつ上れば歩けないわけじゃないし大丈夫だろうと思います。

隣のちょっとボケた86歳のおじいさんも昇ってるしね。

ということで日曜日から母が上京します。

長男は「バトンタッチだ、ちょっと俺もゆっくりしたい」と言ってました。

確かに、、、今回もいろいろと病院やら何やら動いてくれたので東京にいる間は姉ちゃんにまかせてくれ!って感じ?(笑)

でも、私も自分の生活パターンもあるので母にもそれはわかってもらいお互い無理のないように過ごしたいと思っています。

まずはセカオピの病院の結果でこれからの状況も変わりますからね。


夫は2日から仕事が始まったのでゆっくり正月気分を味わえなかったのですが、この前久しぶりに二人で出かけてきました。

と言っても近所のら☆ぽですけど。
(ここから折りたたみます)


続きを読む

2013/01/04

2013年もよろしくお願いします!

皆さん 明けましておめでとうございます!

昨年はノロノロなブログ更新にもお付き合いいただきありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

年末のご挨拶もしないまま、新年を迎え、早4日目となりました。

昨年はフレンズとの楽しい会合もたくさんあったんですが、悲しい別れや、いろいろ考えさせられることも多かった年した。

ライフワークは相変わらずのWワークでどっちもどっちのような状態です(^▽^;)

でも、働けるだけいいのか?と思いながら地道にやっています。

本業と副業の割合が7:3ぐらいでいければいいんですけど、今のところ逆なんだよね~(^▽^;)

あっ!本業はサロンワーク 副業は前の会社のバイト

なんとかしないと!とあせってるわけではないですけど、今の社会情勢からしたらやれるとこからやって

少しずつ上向きになればいいかな~と思っています。

12月はとにかく遊びまくってしまいました(笑)

でもね~12月はサロンワークもがんばったよ(*^^)v

フレンズとの恒例のオイスターバー
2012おいすたーバー
今年もおいしくいただきました

後はライブ観戦が4回
なんと言ってもLastライブとなるプリプリのドームコンサートに2日間行けたのは最高でした。
プリプリ東京ドーム
再々結成はないかもしれないけど、あるかもしれない?
そんな期待もありつつ最後のライブでははじけてきました。
このライブは東日本大震災の復興支援ライブでもあるのでチケット代・グッズの売り上げの一部が寄付されます。
改めてまだまだ復興支援は続けていかなければならないことを感じさせられました。

そしてここ数年は年末にかかせないライブにも行ってきました!
ホテルデ福山

副業の事務の仕事は28日が仕事納めとなり納会の途中抜け出しパシフィコ横浜へ。

今回2回行くことができ、28日は2012年の最後のライブ参戦でした。

いや~めっちゃいい席でしたね~

本人とはハイタッチとかできないけど、バンドメンバーが通路を通ったんですけどちょうど私の席のところを通ったんですよ~

ほとんどのメンバーとハイタッチできて興奮しました

いいライブ納めとなりました


そして本業?のサロンワークは30日までやらせていただき無事に今年も終わることができました。

大晦日と元旦は恒例になってる義父の家で年越ししました。

うちはおせち料理を作らないので食べたいものを買って食べるといった感じ。

ただお節料理をなぜ食べるかというと「豊作や家内安全、子孫繁栄を願う」と意味があるため

一つでも食べた方がいいみたいなんです。

私は伊達巻が苦手なので、玉子焼きを用意しました。

伊達巻=巻き物には知識や文化の発展を願う意味もあるそうです。

だから玉子焼きも巻いて作るからいいよね?(*^-^)ニコ

この玉子焼き実は30日の日にうみねこちゃんがツイッターで「今玉子焼きを買いに行きます」というつぶやきから始まり

それに「いいなあ」とコメントしたら「wakkoさん買っておこうか」と。

場所が人形町だったのでうちからも近いし、サロンワークも終わったところだし

待ち合わせられると思って、すぐ用意してうみねこちゃんと人形町で会いました。

この鳥忠の玉子焼きはドラマ「新参者」でも取り上げられたみたいですけど、覚えてないのよよね(^_^;)

お店には阿部ちゃんの写真が貼ってあった。
鳥忠 大晦日おせち

大晦日には必ず蟹を食べます。
今回は私たちも注文してたんだけど、義父も買ってあったので4匹?

昔より食べれなくなって、3人で2匹で十分だったわ。

次の日また1匹食べたけどね。

2日からうちの夫は仕事が始まりました。

私も一応サロンワークを始めてたんだけど、、、、

ま、開店休業だったわね(^_^;)

それで2日は水曜日ということもあり、一人映画観てきました。

『レ・ミゼラブル』
レミゼ

前評判もよかったし、ヒュー・ジャックマンいいなあと思ってたし。

キャストがみんな演技しながら歌ってるんだけど、よかった~

アン・ハサウエイきれいだね~

切なくて涙が出てきます。

あんまり言うとネタバレになるのでやめときます。

昨日はまたまた一人で初詣に行ってきました。

遠くには行かずにいつもの場所

八幡様


夕方出かけたんだけど、それでも並んでました。

今年もおみくじ引きました。

去年は一番の「大吉」だったんだよね~

今年は「中吉」でした。
おみくじ

「人との争いはおこすな」って。

争いごとは昔から苦手だし、回避しちゃいます。

そして毎年買っている御守
お守り

「病気平癒」

この御守は乳がんの手術をする前に買ったので6回目ですね。

今年術後6年を迎えますが、なんとか守ってくれてるのかな~

ということで毎年同じものを買っています。

今年も去年より寒いと言われています。

年々寒さが厳しいね。

地球どうなっちゃうんだろう。

マジで氷河期?が来るのかしら(@_@;)

インフルエンザもノロウイルスもまだまだ流行りそうなので皆さんもきをつけてくださいね。

2013年皆さんにとってもよい年になりますように!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。